雨をあらわす言葉と意味

五月雨(さみだれ)という言葉があります。「みだれ」は「水垂れ」で雨という意味で、旧暦で5月頃であることから五月雨といわれます。旧暦で5月ですから、現在の暦では6月に降る雨ということになります。
6月の雨は梅雨時の雨のように、途切れながらもだらだらと長く続きます。そのことから「五月雨ですみません」は「だらだらと長く続くことをお詫びする」という意味で使われています。又、夏の季語として多くの俳句に使われており、一番有名な句に「五月雨をあつめて早し最上川」があります。

霧雨(きりさめ)普通も雨よりも滴が小さくて数が多い雨。霧あるいは層雲の中で、霧粒や雲粒がいっしょになって大きくなり霧雨ができます。滴が小さいため、弱い風にも流されやすく、一般的に量は少ないが、海岸や山間部ではかなりの量に達することがあります。

霧雨は幻想的な雰囲気を思い出させる言葉でもあります。その為
多くの歌の歌詞の中に現れている言葉の一つとなっています。

時雨(しぐれ)とは、秋から冬にかけて起こる、一時的に降ったり止んだりする雨や雪のことをいいます。それが転じて「しぐれ煮」の語源となったりもしています。

色いろな風味が口の中を通り過ぎることから、一時的に降る時雨に喩えたという説や、あさりのむき身をたまり醤油に短期間入れて煮る調理方法が、降って直ぐ止む時雨に煮ているともいわれています。

15

季節のよって呼び方が変わる雨の種類

氷雨(ひさめ):氷雨は氷の様に冷たい雨では無く、本当に氷の雨を思わせる冷たさがあります。驚くことには、氷雨は夏の季語です、もともとは夏に降る、ひょう、あられのことを氷雨と言っていた名残からです。

梅雨(つゆ)夏至の前後、6月の初めから7月下旬までの雨期でじめじめとした長く続く雨のことをいいます。梅雨と書くのは梅の実が熟す季節と重ねるためとも云われています。

白雨(はくう):「しらさめ」ともいいます。太い雨脚、地を叩くしぶきが明るい空からの光で白く見える様子を白雨といい、典型的な夏の雨です。

海外ではなんと言う

英語に限っていえば、糸のような雨、斜めに降ってくる雨、横なぐりの雨など、直接そのことを英語で表わしている言葉はありますが、
日本のたとえば「梅雨=7月下旬までの雨期でじめじめとした長く続く雨」の様に別の一言で表すということは無い様です。但し、「土砂降り=It rains cat and dogs」の様な慣用句はあります。

日本語でそのような言葉が発達したのには、一つは「季語」の存在、自然を生活のなかに取り入れる暮らしをやってきたからではないでしょうか。大切にしていきたいものです。