新築のマイホームを購入する際、
頭金や住宅ローンが重要なカギとなります。

マイホームが欲しくなったらまずどうするべき

新築でのマイホームが欲しくなった時、先ずは1000万円貯めておいて、ローンの支払計画もある程度立てておく事だと考えています。
欲しかったマイホームの購入準備として、自己資金の一部となる頭金を用意しておく事ですが、その頭金は約2割ほどです。はやり頭金が多ければ多い程、それだけメリットが大きくなります。頭金がなくても購入は可能です。但し、自分にとって無理のない借入金の範囲で予算を決める事です。
あくまでも個人で勝手にマイホーム購入を決めず、先ずは家族と相談した後に、ファイナンシャルプランナーの方に相談する事がベストかもしれません。

工務店と大手ハウスメーカーの違い

工務店と大手ハウスメーカーの違いは、なんといっても住宅価格であり、大手ハウスメーカーの方がかなり高いといった違いです。
例えば某大手メーカーと地元工務店を見積もらせた結果によれば、住宅の大手ハウスメーカーが3000万円ならば、地元工務店だと減価1900万円となります。両社の粗利を比較してみると、どちらも約20%ですが、大手ハウスメーカーの方が営業の経費などのウエイトが比較的多くて、工事に関わる経費はほとんどないです。

16

住宅ローン 頭金 相場

マイホームを購入する事を考えると、住宅ローンとか頭金相場の事を考えることが必須となりますね。
頭金はどれくらい必要かといわれると、物件価格の2割を用意した方が良いとされています。物件の損保掛け目を物件価格の8割以下にする事が基本というのが理由です。その他に、金融機関が物件価格の100%を貸し出してしまった場合、購入直後だと物件を売却しても、貸したお金を取り戻すことが出来ない状態になってしまい、金融機関は大赤字となってしまいます。こういった大赤字を避ける為も、理由の一つとなっています。(住宅ローン比較ラボさんより一部引用)

17

みんなのマイホーム貯金はどのくらい?

マイホーム貯金はどのくらいが良いかといわれると、物件によって値段が異なるので、希望する物件の頭金くらいがマイホーム貯金として貯めておくのがベストではないかと考えています。例えばマイホームの金額が3000万円の場合、頭金は200万円ですが、スムーズにローンを支払う為ならば、2割の頭金+αくらいの貯金を貯めておいた方が良いかもしれません。

18