ハロウィンに最適の
カボチャを使ったお菓子のエピソードや作り方

ハロウィンにぴったりなかぼちゃのお菓子

ハロウィンにピッタリなカボチャを使ったお菓子といえば、やはりカボチャのクッキーですね。
カボチャの形にお化けの形など、どれもかわいいので、何だか食べるのが勿体ないかも!と思っています。

クッキーの他にはカボチャのプリンカボチャのロールケーキなども該当しますね。私はハロウィンの時期になると、いつもコンビニやスーパーマーケットでカボチャを使ったケーキを購入して食べ、ハロウィンを楽しんでいました。
カボチャを使ったプリンといえば、上にクリームが乗っていて美味しいのですが、値段が高くて断念する事が多いです。

19

かぼちゃをつかったお菓子のレシピ

※この記事はクックパッドさんから一部引用しています。
クックパッドさんより、ハロウィンに最適な濃厚かぼちゃケーキを紹介します。
材料に茹でたかぼちゃ250gに砂糖60グラム、卵2個、生クリーム200ml、バター35グラム、薄力粉50グラム、土台のクッキー80g、バター40グラムとなります。尚、ケーキを作る前にオーブンを180度予熱しておきます。

1 クッキーを砕き、溶かしたバターと合わせ、クッキングシートを敷いたクッキーの型に、角まで敷き詰めて冷蔵庫に入れておく。
2. 角切りして茹でたかぼちゃ生クリームを混ぜる。
3. ボウルに卵と砂糖を割り入れ、これらを混ぜる。
4. 更にカボチャ、生クリームもボウルに加えて混ぜる。
5 薄力粉を入れて更に混ぜ、溶かしバターも加えて更に混ぜる。
6. 型に流し入れ、予め予熱しておいたオーブンで45分焼くのですが、様子を見ながら時間を調節してください。
ポイントとして、バターと卵は常温にしておき、冷蔵庫に入れて一晩冷やすと、もっと美味しくなります。
混ぜるだけで簡単そうなので、2015年のハロウィンには、この濃厚かぼちゃケーキを作りたいです。

20

ハロウィンには何故かぼちゃ?

ハロウィンのシンボルはカボチャですが、最初はカボチャではなくカブでした。
ハロウィンの昔話からして、ジャックという大酒飲みで詐欺師という男がいたのですが、行いが悪いという理由で天国や地獄にも行く事が出来ませんでした。
ジャックは死後、天国や地獄に行く事も出来なかった事から、ジャックの魂はさまよう羽目に。
彼にとても寒い闇をさまよう時、必要な灯りを与えたのですが、その中の炎が少しでも長く持つように、くり抜かれたカブに入れました。しかしアメリカに渡っていった人々は、豊富にあったカボチャを使用して、ジャック・オ・ランタンを作る事がきっかけとなったのがハロウィンの始まりとされています。(ヤフー知恵袋さんから一部引用)

21