シャンプーで髪と頭皮を洗った後、

リンスやコンディショナー、

トリートメントなどで

髪の表面を保護しますよね。

 

効果の違いは

あまり変わらないものの、

若干の違いがあるんですよ!

では、それぞれの特徴をのべていきます!

無題

リンスの効果とは?

髪の表面を保護する。

髪の表面をコーティングし、

キューティクルの傷みを

防ぎながら指通りを

良くするという効果があります。

 

リンスをすることで

髪に油分を補い、髪の水分が

蒸発するのを抑えるのです。

 

リンスはトリートメントと違って、

時間をおいても髪の内部まで

浸透しません。

髪になじませたら、

そのまま洗い流しても構いません。

 

トリートメントの効果

髪の内部から

回復させる効果があります。

 

髪表面の状態を整え、

髪に栄養や油分を補います。

ダメージをケアしながら

本来の健康な髪に導くのが目的。

 

表面が傷んで内部のたんぱく質が

溶け出したスカスカ状態の髪に、

元気を与える成分をしみ込ませます。

 

内側から髪を回復させるのが

トリートメントの役割です。

リンスと違い、10分程度時間を

おいて成分を浸透させることが必要!

 

コンディショナーの効果

リンスよりやや効果が強い。

リンスと役割は同じですが、

より髪の毛の表面を整える力が

強いものをコンディショナーとしています。

 

リンスに保湿効果を高めたものが

コンディショナーと呼ばれるように

なりました。

 

どれをどの順番で使えば良いの?

時間がない時はリンス&コンディショナー、

時間がある時はトリートメント

いった風に使い分けをしている人が多いようです。

 

基本的にはダメージが大きい場合は

トリートメントで内側から

しっかり補修することが望ましいです。

 

トリートメントはリンス・

コンディショナーの機能を併せ持つ

タイプがほとんどなので、

シャンプー後はトリートメントだけでも

充分な仕上がりが得られます。

 

1週間に一度程度コンディショナーを

行なうのが好ましいでしょう。

注意すること

しかし、共通して言えるのは

「すすぎ残しに注意」です。

 

コンディショナーや

トリートメントをつける時に

注意したいのは、

頭皮につけないようにすること。

 

シャンプー、コンディショナー、

トリートメント、どれをとっても

頭皮にすすぎ残しがあるのと

薄毛や抜け毛、等ダメージの

原因となります。

そして洗い終わったらしっかりと乾かしてください。