■ 健康 ヘルスケア

初めての白髪染め!白髪染めをするときに気を付けたい4つの事。


初めて自分の髪に白髪を見つけた時・・ついに来たか~(*_*;とショックを受けますよね?!

太郎
太郎
まだ本数も少ないし、美容院で白髪染めをするのも恥ずかしいし

そんな方に向けて、初めての白髪染めで、何に気をつけたらいいのか?注意すべきことの4点をお伝えしていきます。

花子
花子
ヘアカラーと白髪染めの違いも、しっかり学んでおきましょう!

白髪染めをするときに気を付けたい4つの事。


  1. 自分の髪質を知ること
  2. 細くて柔らかい茶っぽい髪は、染まりやすいので、自分の髪色に近いトーンを選びます。逆に太くて硬い黒っぽい色の髪は、染まり辛いので、自分の髪よりワントーン明るい色を選びます。

  3. 温度によって染まり具合が違う
  4. 白髪染めは温度によって、色の入り方が違います。ほとんどのメーカーは、室温が20~30度と想定して放置時間を定めています。

    室温が高いと染まりやすく逆に室温が低いと染まりにくいので、ビニールキャップの上に保温キャップをして、上からホットドライヤーを当て、タオルキャップをかぶって保温して下さい。

  5. 髪質によって、放置時間を変える
  6. 柔らかく染まりやすい髪は、使う白髪染めによって多少の違いはありますが、20分位が良いでしょう。

    硬くて染まり辛い髪は、25~30分位放置するのが良いでしょう。

  7. 染める部分によって塗布量を変える
  8. 白髪は髪全体に均等に出ている訳ではありません。そこへ、均等に白髪染めを塗布するとムラに染まってしまいます。

白髪染めの手順


  1. 塗布しづらくて白髪が目立ちやすいところは素手で塗布しましょう。
  2. こめかみやフェイスラインには、専用のクシやハケで多めに塗布します。
  3. 白髪の固まって生えている部分に多めに塗布します。
  4. 最後に全体に均等に塗布します。

これでムラのない白髪染めができるでしょう!




>>ナチュレーナ ヘアカラーリングクリーム

ヘアカラーと白髪染めの違い



「ヘアカラー」「白髪染め」も髪に色をつけることが目的ですが、染まるまでの過程に違いがあります。

ヘアカラー

髪の毛に染料を浸透させ、髪に色をつけることが目的です。しかし、私達日本人のような黒髪の場合、メラニン色素でカラーを入れても見えにくくなってしまいます。

その為、美容室や自宅でできるヘアカラーリング剤で脱色(毛髪の染色)という流れになっています。

このブリーチ剤の主成分、過酸化水素水がメラニン色素を除去するのですが、髪の色を抜く働きがあると同時に、髪表面にあるキューティクルも剥がしてしまうため、髪の毛を傷みやすくしてしまう弱点があります。

白髪染め

もともとメラニン色素が抜けている状態なのでブリーチ剤不要で、黒髪よりもカラーが浸透しやすい状態といえます。

白髪染めを始めるタイミング



白髪が生える年齢には個人差があります。一般的には35歳くらいが平均で、丁度身体的にも下降してくる時期です。

この時期を迎えたら、身体機能と共に髪にも注意を払ってあげましょう✿