美味しい冷凍の秘密

冷凍保存を上手に活用すれば、食材を無駄にすることなく、節約することが出来ます。又、お米をまとめて炊いて一回分ごとに冷凍保存しておけば、家事にかかる時間の短縮にもなります。

ご飯は、冷蔵で保存するより冷凍した方が美味しく保存できます。ご飯の劣化が一番進む、つまり味が落ちやすいのが「ご飯自身の温度が2度から3度のとき」「水分含有量が30~60%のとき」です。

ご飯が劣化すると、粘度が減少してパサパサになりますので、その状態になりやすい冷蔵庫はご飯の保存が苦手といえます。

冷凍のコツ

,味が落ちる前にラップをする。炊けたら早いうちにラップで包むことで、乾燥による劣化を防ぎます。

,ご飯は一膳分の量を「平たくして」包む。適量を平たい形で保存しておけば、冷凍も解凍もスムースに行えます。包んだご飯は、他の食品を傷めないように、あら熱がとれてから冷凍庫に入れます。

43

,アルミトレーを敷いて急速冷凍する。冷凍庫にご飯を入れる際に、アルミトレーやアルミホイルを敷いておくと冷凍にかかる時間を短縮できます。また、急速に冷凍することで、おいしさを逃さずに保存することができます。

解凍のコツ
1,上手な解凍のコツは、湿度や温度の「ご飯劣化の危険ゾーン」を一気に、均一に通過させることです。

2,ご飯をラップから取り出し茶碗や皿に入れ、ラップをかける。ラップはご飯を包んでいたものでOK、少しパラっとしたご飯が好みの場合ラップをかけずに温めても大丈夫です。

3,まず、700Wで2分加熱してから、ご飯をほぐす。途中でほぐすことで、ご飯を均一に温めることができます。

4,さらに、700Wで1分加熱する。容器の底を触って冷たいようなら30秒単位でさらに加熱します。

冷凍の賞味期限
冷凍ごはんは保存4日目以降から次第に味が落ちます。冷凍後1ヶ月は何とか食べられるがそれ以後は不味くなります。1週間を目安に食べると良いでしょう。

冷凍ご飯の美味しいレシピ
炊きたてと比べてどうしても味は落ちます、でもレシピ次第で美味しく食べられるメニューがあります。

雑炊、リゾット、おかゆ類。
チャーハン、あんかけチャーハン、ピラフ類。
焼きおにぎり、ドリア、混ぜごはん、肉巻きおにぎり等。

そのままを食べると炊きたてには敵いません。料理によりご飯に味を付けるレシピが冷凍ご飯でも美味しいようです。

煮込んだり、炒めたり、何かを混ぜ込んだりで色々工夫すれば、簡単で美味しい料理が出来上がります。