ハチに襲われそうになったら

もしハチが向かってきたら、

その場から身を低くして少しずつ離れましょう!

急に走りだしたりすると、ハチが興奮します。

そして攻撃する仲間が増えます\(◎o◎)/

出来る限り、そーっとその場から離れてください!

無題

ハチに刺されたときは

傷口を強くしぼりながら水で良く洗います。

アウトドアー用の吸い取り器具も売られていますよ。

 

口で吸うのは良くありません。

口に傷があるとそこから毒が吸収されます。

そして傷口を水で冷やす

毒の吸収を遅くすることができます。

そして、抗ヒスタミン軟膏かステロイド軟膏を塗る。

病院で処方してもらったほうがいいでしょう。

 

ハチに刺されたらオシッコをかけろってホント?

昔はハチに刺されたときは「アンモニア水が効果ある」

医者のあいだでも思われていたそうです。

そこから「オシッコをかけると良い」という

民間療法が広まったのです。

 

しかし、ハチの毒に関する研究が進んだ現代では、

この方法はまったく無効だと言われています。

尿は体外に出て時間が経過すると雑菌も増えるので、

逆に化膿などを引き起こし、悪化させる可能性があります。

 

 

こんな症状が出たら危ない!病院にいくかどうかの判断は?

・刺されたところ以外にかゆみが広がる、

・息切れがする

・悲鳴がある

・冷や汗が出る、

・意識が遠のくなど

 上記のような症状が現れたら、とにかく病院へ行きましょう!

 

スズメバチに刺されて問題となるのは

「アナフィラキシーショック」です。

これはアレルギー反応の激しい状態であり、

日本中で毎年20~20人が

ハチアレルギーで死亡しています(>_<)

 

アレルギー反応はほとんど60分以内に発症します。

30分以内に対処ができれば、死亡することはまずありません。

そうした理由から上記の様な症状が出たら

「すぐ医者へ行け」と言われるのです。

 

 

<病院は何科へ行けばいいの?>

基本は皮膚科です。

近くに皮膚科が見つからない場合は救急センターでも大丈夫です。

 

ハチに刺されない為の予防法

ハチは高温になると興奮状態になる習性があり、

不用意に縄張りに近づくと大変キケンです。

特に7~9月はハチに刺される事故が多い時期です。

散歩や山に出かけた際、気付かない内にハチの巣に

近づいてしまって攻撃されることがあります。

 

ハチが飛んできたら、手で振り払ったり、大騒ぎしたりせず

身をかがめてそっとその場を離れましょう。

巣から離れれば、攻撃されることはありません。

 

急に動くと刺されることがあります。

不用意にハチを刺激しないようにしましょう。

家の中にハチが入ってきたときには追い払うと攻撃されますので、

窓や玄関を開け放ち、自然と外に出るのを待ちましょう。

 

ハチに刺されないためには、服装を白っぽい明るい色のものにし、

長袖を着用してなるべく肌を出さないようにすることです。

黒色はハチに攻撃されやすいので避けましょう!