夏だ!宮崎!冷や汁だ!

冷や汁は、南国・宮崎の暑い夏を

乗り切るために食べられている家庭料理です。

 

主に大淀川水系で農作業を行なう人々の間で

食べられていたそうです。

現在も宮崎市を中心に食べられています

無題

似たような料理が大分、四国などにもあり、

鹿児島で生まれて、宮崎をはじめ

西日本各地に伝わったという説があります。

 

作り方は・・・

味噌と、アジカマスなどの炙った

魚の身をほぐしたものを合わせ、

すり鉢ですりつぶして冷や汁の素をつくる。

それを冷えた出汁冷水でとき、

輪切りにしたきゅうりほぐした豆腐

大葉胡麻などを入れて

熱いごはんにかければ出来上がりです。

 

口の中にかきこむと、味噌の香りの中に、

胡麻の風味やきゅうりのシャキシャキ感が広がって、

さらりとおなかにおさまっていく。

 

簡単に作れる上に、栄養が豊富で、

食欲のない時でも食べやすい。

暑い宮崎で今でも愛され、

食べ続けられている理由です。

 

簡単!冷や汁レシピ

【材料】

きゅうり 2本

絹ごし豆腐 1丁

大葉 10~20枚

みょうが 2つ

ねぎ 1/2本

干物(アジかカマス)大きめ1枚

味噌 適量

胡麻 沢山

冷ましたごはん 適量

昆布と鰹節の出汁 1.5L

 

【作り方】

1,絹ごし豆腐は軽く水を切っておく。

干物は焼いて、温かいうちに

小骨や皮などを取り除く。

 

2,昆布鰹節で出汁を作り、

出汁が熱いうちにほぐした干物と、

水切りした豆腐を手でほぐしながら入れ、

再沸騰させる。

 

3,2にアルミホイルやクッキングペーパーに

塗りつけて軽く焼き目が付くまで焼いた味噌を、

濃い目の味噌汁くらいに溶いて冷やす。

 

4,大葉は千切り、みょうがは半分にして小口切り、

ねぎも小口切りにし、それぞれ水に放った後、

水を切る。きゅうりを薄切りにする。

 

5,3が冷めたら4と、多めのすり胡麻を加えて混ぜ、

冷蔵庫で冷やす。しっかり冷やしたら、

冷ましたご飯にかけていただく。

 

 

地方別の冷や汁あれこれ

埼玉県にも冷や汁はありますが、

発音が違い「ひやしる」と呼びます。

こちらは魚が入らないのが特徴で、

その代わりに夏野菜がギュッと

詰まった味わいです。

 

また、うどん文化が発達していたこの地域では、

ご飯にかけるのではなく、うどんそうめん

つけ汁として食べるのが定番です。

 

山形県にも冷や汁はありますが、

宮崎や埼玉とは全然違います。

冷や汁という名前ですが、

汁物というより具だくさんの

おひたしといったイメージです。

 

上杉謙信が出陣の際にふるまったとされる

歴史ある料理で、具材は干し椎茸凍み豆腐

干し貝柱打ち豆油揚げなどが定番で、

それに季節の旬野菜

おひたしにして加えるというものです。