世界三大スープの世界!

世界三大スープは長い年月をかけて

培われた味とご当地の人々の

ソウルフードとして定着している

スープ料理が名を連ねています。

 

そのどれもが世界中で愛される

スープ料理になっています。

まさに世界三大スープの特徴でしょうね。

無題

①ブイヤベース

ブイヤベースはフランスの港町である

マルセイユ発祥の漁師料理の一つです。

小魚でとった出汁にサフランをはじめとする

ハーブで香り付けし、

沢山の海鮮類を煮込んだスープは

濃厚で海の恵みを感じさせる

深い味わいを持っています(^v^)

 

②トムヤムクン

トムヤムクンは南国の暑気を払うために

編み出された、タイの辛いスープです。

トウガラシの辛さとハーブの酸味、

魚醤の一種のナンプラーや

スープの旨味が絡み合った美味しさは

南国の気候に良く合うスープです。

 

③フカヒレスープ

中華料理を代表するフカヒレスープ

乾物にしたサメのヒレを鶏ガラスープで戻し、

とろみをつけたスープで食べるスープ料理です。

世界三大スープは4つある?

上記の3つのスープにボルシチを加えて

世界三大スープと言います。

四つなのに三大なのは

「甲乙つけがたい」という理由からです。

 

ボルシチって、どんな料理? 

ボルシチは日本でもよく知られている

ロシアを代表する料理の一つです。

日本の味噌汁と同じように

各家庭にそれぞれの味があります。

ボルシチがどの様な料理かをご紹介!

 

ボルシチは私達日本人にも馴染み深いですね。

もともとはウクライナの郷土料理です。

ボルシチという言葉は元々ウクライナ語で

草や薬草の煮汁を意味するものでした。

 

ビーツや玉ねぎ、ニンジン、キャベツ、

炒めた牛肉などをじっくり煮込んで

作る具だくさんのスープです。

 

昔はウクライナもソ連の一部でしたし、

今ではウクライナに限らず、

ロシア全土でボルシチが食べられています。

このことから、ボルシチは自然と

ロシア料理という認識が広まっていきました。

 

 

ボルシチを作ってみよう!

【材料】

ビーツ(缶詰でも)1個

玉ねぎ 小1個

にんじん 小1本

セロリ 1本

牛肉(カレー・シチュー用)200g

トマト 1個

じゃがいも 1個

キャベツ 1/4

塩 小さじ1

コショウ 適量

油 大さじ1

デイル 1束

サワークリーム 1個

スープの素 1個

水 ヒタヒタ

 

【作り方】

1、牛肉は1センチ幅くらいに切る。

 

2,トマトはザク切り、

  その他の野菜は全て千切り、

じゃがいもは水にさらす。

 

3,鍋に油を入れて熱し、

  牛肉野菜を入れて炒める。

 

4,をヒタヒタに入れてスープの素を加え、

1時間ほどアクを取りながら煮る。

 

5,塩、コショウで味を調える。

 

6,お皿にスープを盛り、デイルを散らし、

サワークリームを乗せたら出来上がりです!