結婚式のときに席次表というものを決めなければなりません。
自分の友達はここ、仕事の上司はあそこに配置するなどなど…。
席次表にはいろいろな取り決めがあります。

結婚式は初めてなことだらけで、頭が混乱してしまいますよね。
そこで今回は「結婚式での席次表」についていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

席次決めの方法

席次を決めるときにはいろいろとルールがあります。
新郎新婦との関わりや立場などに分けて決める必要があります。
結婚式のテーブル配置は丸テーブルと長テーブルの二つがあります。
以下の画像のように配置することが基本的なものとなります。

●丸テーブルの場合

●長テーブルの場合

この友人はどうしてもここに座らせたいなどの希望がある場合には
しっかりと話し合って決めるようにしましょう。

上座とは?上司はどこに配置する?

席次を決める際に上座下座という言葉を聞くと思います。
新郎新婦の席に一番近い席が上座、反対に出入り口に一番近い席を下座といいます。

上座には主賓の方や上司、下座には親族を座らせるのが一般的です。
そして父母は必ず末席に座ります。
もし自分の父母が上座にいると、緊張したりするかもしれませんからね!

その他注意点

結婚式に来てくれる友人の中には、新郎新婦以外と接点がないという方も多いです。
そんなときにはその友人の隣に社交的な人を配置するといいでしょう。

席次を決める際には自分たちの都合だけでなく
相手のこともしっかり考えて決めると、ゲストも退屈せず楽しい結婚式となるでしょう。

そして先ほども書きましたが、両親は新郎新婦から一番遠い末席に座るのが一般的です。
末席にほかの親族を配置しないように気を付けましょう。


結婚式席次表作り方 フラワー・ホワイト by 綴る

その友人との関係性、この友人はこの人と仲が良いなどなど…。
席次表を決めるときにはいろいろなことを考えなくてはなりません。

すぐにできるだろうと高を括らずに、事前にしっかりと準備しましょう!