やけどすることはめったにないだけに
気をつけることも普段していないので、意表突いた時にしてしまう怪我ですよね。

私自身小さい時にやけどをしたのと、職業でやけどを目の前でよくみてきたのもあって
なかなか治りにくかったり、見た目よりずっと痛かったり・・
というのを実感してきています。

それだけに、お医者様に行く前にも、救急車を呼ぶ前だとしても
自分たちでできる初期対応でそのあとの痛みも、傷の後も変わってきます。
もちろん自分のことでもそうですが
周囲の方がやけどしたときの初期対応としても覚えておいたら役立ちますよ!

簡単にできる軽度の火傷の痛みを抑える方法

もちろんすぐ水で冷やす!これは絶対的に大切です。
しかし、水から話すとジンジンしますので
火傷した部分をラップで巻きます
空気が当たらないので、痛みは感じなくなります。

もうひとつは非ステロイドの軟膏を塗ることです。
これは軽いやけどであれば大きな効果を発揮します。

それと今、軽いやけど用の絆創膏がでています。
冷やした後に張っておくと、ラップと同様、空気に触れず
さらに保湿効果もあるので良いとされています。

鎮痛剤を使う場合はこれ!

本当は、ステロイド剤、そのなかでも例えば、リンデロンーVG軟膏ワセリンなどがあります。
そして、飲む薬として、ロキソニンが効果的です。
よく処方されるのがロキソニンではあるのですが、他の一般鎮痛剤でも効きますよ!

塗る、飲む、どちらも一緒に使うと効果的だと思います。

ただ、自己判断は危ないです!
軽いやけどといってもお医者様の判断では、危ないかもしれませんし、跡が残るなどあるかもしれません。

こんな時は病院に!

ひとつの目安としては、水ぶくれができた時です。
この時に皮膚科を受診すると良いでしょう。

あかちゃんや子供に関しては、軽い程度でもすぐ行った方がよいですね。
また、高齢者の方でも、糖尿病や心臓病などの疾患をもっていらっしゃるかたも
行った方が良いです。

また、やけどの個所、範囲です。
などの場合は即行った方がよいでしょう。
範囲が広がっている場合も行った方が良いです。
この場合は、皮膚科より総合病院に行った方が良いです。整形外科なども関与してくる可能性もあります。

また皮膚のただれなどがある場合も
受診したほうがよいでしょう。
もちろん治療が最優先ですが、跡に残るということがひとつ懸念としてありますので
そこも考えると皮膚科だけでも言っておいた方が良いと思います。

自分でその場でできる対処は即行い、痛みはすこし和らげて
受診して確実に治療することをおススメします!