腹筋どうやって割るの?劇的効果の筋トレ!

先ずは腹筋の構造のお話です。
鍛えていなければ、お腹に眠っている腹筋は
ゆるやかな凸凹がある程度で、割れた腹筋には程遠い存在。
しかし、そのもともと割れている筋肉こそが腹筋なのです。

つまり、「腹筋を割る」という前提は、みなさん既にクリアしているのです。
腹筋が隆起してない状態の人は、元々割れている腹筋をいかにして表に出すかが最初の課題となります。
そして表に出た筋肉を盛り上げていくことで「割れた筋肉」が出来上がります。

両面からアプローチを

筋肉を大きくする、脂肪を減らす、この両面からアプローチすれば腹筋は割れるのです。
でも、多くの人は腹筋を鍛える、つまり大きくすることばかりに焦点を当てているので思った結果が出てきません。

効率良く脂肪を燃焼させるポイントを説明しましょう。
脂肪が落ちてくると割れた腹筋が浮き出てきます。
筋トレの効果は基礎代謝が上がることにより常時脂肪燃焼をさせることにありますが
ランニングなどの有酸素運動は運動中に直接脂肪を撃退してくれます。

ちなみに、筋トレのすぐ後にランニングやウオーキングを行うと
通常より代謝が高まった状態となり、もっと脂肪燃焼効果がアップします。

実践編!初歩の腹筋運動

1,仰向けになり、手は頭の後ろに置く。
2,ももとヒザが90度になるように曲げ、足を持ち上げる。
3,息を吐きながらお腹を丸めるようにしておへそを見て5秒キープする。
4,息を吸いながら、体をゆっくり戻していきます。

1

ポイント
慣れてない人は、足を台に乗せたり、体育座りのようにヒザを曲げて足を持ち上げずに行っても良い。

筋力が足りない場合は、腕の力を使って起き上がろうとしてしまいます。
腕の力を利用せずに、体を丸める意識を持つことが大切です。
首や肩、腕に力が入りやすいので注意して下さい。

この運動を慣れるまでは10回を3セット位から無理のないペースで行ない
慣れると共に回数を増やしていきましょう。

恥ずかしいから水着は着ない、でも大丈夫!

コンプレックスを解消する水着の選び方あるんです。
「全身が太り過ぎだから水着なんて絶対着ない!」と思った貴女、それがあるんです。
それがラッシュガード・ラッシュパーカー。

水着の上にさらっと羽織って簡単に体型をカバー。
もともとラッシュガードは日焼け防止のために作られた物。
だから「ちょっと日に焼けちゃう」とか言って着ればいいのです。

「胸が小さいから水着は着ない」と悩んでいる貴女も大丈夫。
フリルやリボンでOK。胸のところに段々にフリルがついているビキニ、フリル部分が立体で胸の大きさを誤魔化せます。

ひらひらのフリルから小さいフリルまで様々な種類があります、
自分の胸をどれくらいカバーしたいか考えて選んでみては!