花言葉とは

花言葉の発祥

17世紀頃のトルコです。

当時は文字や言葉ではなく、

“花に思いを託して相手に贈る

という風習があったそうです。

 

これが、ヨーロッパ中に広がり、

各国でその花のイメージから

花言葉を作りだしてきました。

無題

日本には、明治初期頃

イギリスを中心に西洋から

伝わったとされています。

 

植物園の話しでは、

花言葉には決まりがなく

誰が決めたと言えるものもありません。

 

色々なところで言い伝えられ、

日本では花に携わる人達が、

その花に合った言葉を

考えるなどして広がっていきました。

 

季語、四季に合わせ、

花の特徴(色・形など)を

捉えたものが多いようです。

 

例えば古くから親しまれた

“椿”の花言葉は

「控えめ」「気取らない優美さ」です。

由来は花に香りがないことから

この花言葉となったようです。

 

このように日本では、

花の様子を重視した花言葉

多くなっています。

ごぼうやキャベツにも花言葉ってあるの?

花言葉はお花だけでなく

こんな野菜たちにもあるんです!

 

ごぼう

ごぼうの花言葉は

「私にさわらないで」

「しつこくせがむ」

「用心」、「いじめないで」

 

私にさわらないで、って・・・。

6~7月に紫色のアザミに似た

トゲのある花を咲かせます。

この、トゲからきた花言葉なのですね。

 

ごぼうは、漢語の「牛蒡」が語源です。

根が牛の尾に似ていることが由来と

いわれています。

 

縄文時代に中国から渡来し、

平安時代には野菜として栽培された

ごぼうですが海外では

食べられていないそうです(T_T)

 

キャベツ

キャベツの花言葉は「利益」です。

葉が次々と大きくなって

中心部の葉が内側に幾重にも

巻いて結球することからきています。

 

春には、十字形の黄色い花

モンシロチョウやキチョウが

良く訪れます♡

 

胃や十二指腸の潰瘍に

効果のあるビタミンUを含む野菜です。

 

https://youtu.be/VBIxdYKGz6o

以外な花言葉

★松

「不老長寿」、

「哀れみ」「かわいそう」

不老長寿と哀れみが

同じ植物の花言葉って不思議!

 

★マリーゴールド

「信頼」と「嫉妬」

意味が矛盾していて面白いですね。

マリーゴールドには他にも

「勇者」「悪を挫く」といった

花言葉もあります。

 

★アマリリス

「内気」と「おしゃべり」

これなんてまさに真逆の意味!

 

そして、他にもアマリリスには

「誇り」と「強い虚栄心」

なんてのもあります。

この二つの言葉は似ているようで

全く違います!

 

アザミ

「復讐」と「安心」

復讐といった意味が込められているのに

安心とは?

こんな花を贈られたら

どう受け取ればいいのか悩みます。

 

花言葉っておもしろいですね。

アニメ「花の子ルンルン」を

思い出しました!

 

お花を贈るのに花言葉の意味を

考えていたら悩んでしまいますね。

プレゼントの花束などはお花屋さんに

おまかせしたほうがいいでしょう✿