良質なたんぱく質、貧血やダイエットにも効果的な「牛肉」

私たちにとって「お肉」

大切なタンパク質源です。

 

食肉には牛肉や豚肉、

鶏肉などがありますが、

人間の体に必要なたんぱく質や

脂質、ミネラル類やビタミン類

豊富に含んでいる、

とてもバランスの良い食品です。

 

その栄養や調理のコツを知れば、

もっと美味しく、もっと賢く

食材を活用することが出来ます。

 

では牛肉には、他の食肉に比べて

特に優れた特徴として

どのような栄養があるのでしょうか。

無題

牛肉には良質なたんぱく質

鉄分が豊富です。

そのたんぱく質は必須アミノ酸

豊富に含んでいます。

 

穀類に不足しがちなアミノ酸を

豊富に含んでいますから、

それらの穀類を組み合わせて

摂ることが効率のよい摂取といえます。

 

牛肉にはヘム鉄という

成分が含まれています。

貧血の予防や改善

欠かせない栄養素です。

 

鉄分は体内で作ることが出来ないので

食品から摂取しなくてはなりません。

牛肉には鉄分の加熱調理後の

残存率が高いという特徴もあります。

 

また、調理の際に鉄製の鍋などを

使うと一層効率アップします!

必須アミノ酸って何?

身体を作っているたんぱく質は

20数種類のアミノ酸によって

形成されています。

 

その半分以上は私達の体の中で

合成されますが、合成されにくい

9種類のアミノ酸があります。

そのアミノ酸を総称して

必須アミノ酸と言っています。

 

その中でも、リジンスレオニン

植物性食品からは摂取されにくく、

動物性食品から摂ることが

必要になってきます。

高齢になっても

動物性たんぱく質は必携で

身体を元気にしてくれます。

 

筋肉維持に欠かせないたんぱく質

牛肉は筋肉の材料となる

たんぱく質の資源です。

摂ることによって筋肉がつきやすく

代謝アップにつながります。

 

特に赤身肉には、

脂肪燃焼を促す成分が豊富です。

 

肉を食べると体が熱くなりませんか?

これは消化するのに

多くのエネルギーを消費するから。

つまり代謝がアップするのです。

 

手の平1枚分の牛肉を1日1回食べる、

それだけで約20gのたんぱく質

摂取出来ます。

それに野菜や薬味を加えれば

消化にも抜群の効果があります。

 

美味しいオススメの野菜・薬味

おろし大根

たんぱく質分解酵素が豊富、

おろすとさらに酵素が活性化し、

肉の消化を促進します。

 

クレソン

血液をサラサラにする

ポリフェノールが豊富。

生で食べれば酵素も補給できます。

 

にんにく・わさび

どちらも抗菌作用がある食材。

にんにくは体を温める作用

わさびには消化促進作用もあります。