リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いは、

リフォームリノベーションを検討している人は

必ずと言っていいほど抱く疑問ではないでしょうか。

 

最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉ですが、

「リフォーム」と同じ意味で使っている人も多いのではないでしょうか。

 

93

リフォームとは

一般に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に

戻すことをいいます。

 

マンションやアパートの場合には、入居者退居後、

その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、

現状回復とも言われたりします。

 

なお、英語で「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、

リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、

汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、

きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。

 

マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための

機能の回復という意味合いとして使われることが多く、

例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、

壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

 

 

リノベーションとは

リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行なうことで、

性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

 

英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、

リフォームマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための

機能の回復という意味合いに対して、リノベーションプラスαで

新たな機能や価値を向上させることを意味します。

 

よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに

合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。

 

 

 

 

「大改造!!ビフォーアフター」はどちら?

テレビでビフォーアフターという番組をやっていますが、

これなど全く違う建物になるのでリノベーションですよね。

 

このリノベーションにも色々種類があります。

たとえば戸建て住宅の場合でも、

自分で中古住宅を購入してからリノベーションを行なう場合と、

あらかじめリノベーションが済んだ物件を購入する場合です。

 

 

自分で中古住宅を購入した場合

メリット

*自分の住み方に合わせて、自由に内装を設計できる

*新築に比べて費用を抑えられる

*都心部など人気が集中するエリアでも、中古物件なら残っている可能性が高い

*資産価値で見ると、購入時よりも価値を上げることができる

 

デメリット

住むまでに時間を要する

耐震性能などの検査が必要な場合がある

*一般の住宅ローンでは、借入額に制限がかかる場合がある

 

 

さて貴方はリフォーム・リノベーションどちらになさいますか?