葉酸とは?

葉酸は、ビタミンB群の一種です

妊娠初期に葉酸が不足すると、

胎児の発育に影響を与えるのでは?

といわれています。

 

また、葉酸は認知症予防

役立つのではないかと注目されています。

 

最近の研究では、葉酸が不足すると

ホモシステインという物質が

増加することがわかってきました。

ホモシステインが増加すると、

血管壁に衝突して傷つけてしまい、

動脈硬化を誘発してしまうおそれがあるそうです。

 

葉酸を摂取することによって、

ホモシステインを減らすことが、

動脈硬化を予防し、

血管年齢を若くすることにつながります。

なぜ妊婦さんによいのか?

葉酸が妊娠において

必要な栄養素だといわれるのは、

妊娠初期に葉酸が不足していると、

子供が神経障害を持つリスクが

高まるといわれているからです。

 

ここでいう妊娠初期とは、

胎児の細胞分裂

最も盛んな時期のことをいいます。

葉酸はDNAが作られたときに働く補酵素で、

細胞分裂には不可欠な栄養素です。

 

しかし、現状では、妊娠後、

産婦人科等で葉酸について知り

それから葉酸を摂るようにしている

女性が多いようです。

無題

葉酸は、現時点での妊娠に関係なく、

将来的に妊娠を望んでいる女性には

出来るだけ日頃から摂取して欲しい栄養素です。

 

葉酸摂取のポイント

妊娠を予定している女性はいつまでに、

どのくらいの量の葉酸を摂取すれば

いいのでしょうか。

 

時期は、妊娠が予定される

1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間

量は通常の食事から摂取する以外に、

1日400マイクロ・グラムです。

 

葉酸の多い食べ物

葉酸は、野菜の多くに含まれています。

また、豆類藻類にも多く含まれています。

 

【葉酸含有量ランキング(現材料100g中)】

★野菜編★

1,菜の花340μg

2,枝豆 320μg

3,からしな 310μg

4,バジル 290μg

5,モロヘイヤ 250μg

 

★野菜以外編★

1,焼き海苔 1900μg

2,味付け海苔 1600μg

3,岩海苔 1500μg

4,鶏レバー生/煎茶 1300μg

5,抹茶/乾のり 1200μg

 

妊婦さんは葉酸を食事の中で積極的に取り入れるようにしましょう。

 

https://youtu.be/bqdy5uVqwsc

 

妊娠中にオススメの食べ物

ま(まめ)=豆類

ご(ごま)=種実類

わ(わかめ)=海藻類

や(やさい)=緑黄色野菜、淡色野菜、根菜

さ(さかな)=魚介類

し(しいたけ)=きのこ類

い(いも)=いも類

 

「孫は優しい」で覚えるとよいでしょう!

 

「孫は優しい」以外で注意したいのは、

炭水化物の形態です。

私たちが食べている炭水化物は、

精製されたものがほとんどです。

 

お米小麦粉も精製された段階で、

栄養分が大きく取り除かれてしまっています。

 

摂取する炭水化物すべてを、

玄米やふすま入りうどん、

全粒粉のパンに変えるというわけには

いかないと思います。

 

しかし、なるべくなら

お米に雑穀米を混ぜたり、

ホームベーカリーでパンを作るときに

全粒粉で作ってみるなど、

できるところから工夫するようにして下さい。