相手の会社にお手紙を書く際に「御中」と「」を使うと思います。
その際に使い分けを迷うときはないでしょうか?

知らないまま使い方を間違ってしまうと
相手にも失礼ですし自分も恥ずかしいですよね。

今回は「御中」と「様」の使い分けについていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

「御中」の使い方

まずは御中の使い方について簡単にご紹介したいと思います。
御中というのはその組織の誰かに使う敬称のことを言います。

この「御中」はよく組織に対して使う敬称だと
勘違いされている場合が非常に多いです。

「御中」の正しい使い方は組織の誰かに送る際に
その人の名前がわからない場合や誰に送ればいいのかわからない場合に使うのが、正しい使い方です。



「様」の使い方

「御中」と違って「様」の使い方は非常に簡単です。
様は特定の人に対して使う敬称です。
なので「A株式会社 山本太郎様」という使い方が正しいのです。
口語を使う際に「A株式会社様」という風に
単語の後に「様」を付けても問題ありません。

「様」は「御中」とは違い、使い方があまり難しくないところが良いですね!

書きかえる場合はどうすれば良い?

縦書き封筒の場合と横書き封筒の場合によって違うので
それぞれ説明したいと思います。

まずは縦書き封筒の場合です。
こちらの場合は「行」の増したか左側に「御中」を書き換えます。
あまり行の位置から離れたところに御中を書いてしまうと
文字全体のバランスが悪くなってしまうので、注意して下さい。

次は横書き封筒の場合です。
こちらの場合は「行」の右側に御中と書き換えてください。

これはどちらにも言えますが、文字全体のバランスが悪ければ
違う場所に御中と書いても構いません。重要なのは書く場所ではなく、文字全体のバランスなのです!


就活生が面接でやってしまうありがちな間違い−その1

ここまで書いてきた知識は、就活生にとってとても役立つものだと思います。
就活の時期が始まる前に、しっかりと復習しましょう!