角きりの歴史

鹿の角きりは、発情期をむかえた雄鹿の角により、町民が危害を受けたり、

鹿がお互いに突き合って死傷することを

防ぐために行われるようになりました。

江戸時代初期の寛文11年(1671年)、

奈良奉行が、当時鹿の管理者であった

興福の許可を得て始めたと伝えられています。

 

当時の角きりは、町の所々で行われ、

店先や人家の格子の中、屋根の上などから見物していたようです。

無題

明治時代の中頃には、

春日大社の参道の所々で角きりが行なわれていました。

昭和4年より現在の角きり場を設け、

現在の姿となりました。

 

明治・昭和の戦乱期の一時中断を除き、

現在まで継承されている古都奈良ならではの

勇壮な伝統行事となっています。

 

 

鹿の角きりの今

現代の鹿の角切りの事をお伝えします。

毎年10月に春日大社境内の鹿園角きり場にて、

12時から一日5回、三日間にわたり行なわれています。

観覧料は大人1000円、こども500円です。

 

行事の流れとしては、勢子たちが赤旗を持ち、

角きり場内に立派な角鹿を追い込みます。

十字を持った勢子が鹿の角に縄をかけます。

 

鹿はゴザの上に寝かされ、

神官役が興奮した鹿の口に水差しで水を含ませ気を静めた後、

ノコギリで角を切り落とします

 

鹿は神様のお使いの「神鹿」とされてきたことから、

神官役が角を切り、神前に供えます。

 

<アクセス>

JRまたは近鉄「奈良駅」から、バス「市内循環外回り」乗車、

「春日大社表参道」バス停下車、徒歩約7分。

 

鹿の角・豆知識

鹿の角はオスだけに生えます

角は毎年生え替わり、早春、古い角が自然に脱落します。

新しく生えてくる角は、短い毛の生えた表皮に覆われ、

内部に血液が巡っています

 

秋には角の成長と血流が止まり

表皮が剥がれ落ちて白く硬い完成した角になります。

完成した角には血管も神経も通っていませんので、

切られても痛みはありません

 

満1歳で初めて生える角は、

枝分かれがなく「ごぼう角」といわれています。

鹿の壮年期である7~10歳くらいで最大になり、

長さは60センチくらいになります。

10歳を越え、老齢になると徐々に長さが短くなったり、

左右の角が非対称になることもあります。

 

鹿からのお願い

秋は鹿たちにとって子孫を残すための大切な時です(発情期)

雄鹿は角が完成すると非常に気が荒くなり危険です

角が切られていても、突然攻撃してくることもあるので十分注意して下さい。

また、雄鹿同士がケンカしている時は、特にキケンです。

絶対に近寄らないで下さいね!!