皆さんは「ポポー」という果物をご存知でしょうか?
何度かテレビで紹介されているようですが
聞いたことない方がほとんどだと思います。
ポポーという名前はとてもかわいらしいですよね。

今回は謎の果物「ポポー」についていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

ポポーとは?

可愛らしい名前の果物、ポポー。
ポポーは別名「森のカスタードクリーム」とも呼ばれているようです。
この果物は北米が原産地で明治時代に日本に持ち込まれたようです。
しかしあまり普及はしなかったようです。

理由としてはポポーが持っているとても強い香りが原因だと言われています。
ポポーの香りは人によって好き嫌いがはっきり別れるらしく
あまり好んで食べる人はいなかったそうです。

ポポーの食べ方

ポポーは食べごろの時期になったときに、あまり香りを出します。
ポポーはとても傷みやすい果物です。
なので甘い香りがしてからは、すぐに食べるようにしましょう。

ポポーはナイフで皮と種を取り除いてから、そのまま食べるのがおすすめです。
ポポー自体の肉質がとても柔らかいので、スムージーにして楽しむのも一つの手です。

実は日本でもポポーを栽培しているところがあり
栽培している場所は島根県美郷町比之宮地域です。
こちらではポポーをジェラートに加工して販売しているようです。

ポポーの育て方

先ほども少しだけ触れましたが、ポポーは日本でも栽培されているので、家庭でも栽培することができます。
ポポーは熱帯果樹の一つでありながら、-30℃の寒さまで耐えることができるという珍しい果物になっています。
なので寒い北海道でも安心して育てることができます。

ポポーの種は寒さを経験しないと発芽をしません。
なので冷蔵庫で保存するなどして疑似的に種に冬を経験させます。
種は一度でも乾燥してしまうと、発芽率が極端に落ちてしまうため
水分管理には十分に気を付けましょう。
この他の詳しい栽培方法に関しては以下のサイトに書いてありますので
そちらをご参照ください。

http://tropikalfruit.net/plantguide/pawpaw.html  トロピカルフルーツネット


幻の果実、ポポーの品質と皮の剥き方、切り方、食べ方。

ポポーはとてもおいしいので、皆さんも一度食べてみてはいかがでしょうか?