おむつケーキって知ってますか?

おむつをカラフルなベビー用品や

花などで装飾し可愛いケーキの様に

見立てて贈る、おむつケーキ

 

アメリカで広まったのですが、

産後すぐに使えるし、無駄にならない

もらって嬉しいプレゼントですね。

 

アメリカではベビーシャワーと言って、

出産前に妊婦を囲んで、

贈り物をするパーティーがあります。

その際、オムツケーキを皆で作って

贈る習慣があるそうです。

 

今は、日本でも出産祝いの

プレゼントとして人気となっています!

100均一でできるおむつケーキデコレーション

★基本となる作り方

1,おむつをクルクル丸めて

 ラップや袋などで包む

 

2,ベルトなどで

好きなサイズの輪っかを作り

その中におむつを詰めていく

 

3,詰め終わったらリボンなどで

結んでベルトを外す

 

4,重ねて飾り付けしたら完成

 

無題

おむつベビーカーの作り方

材料

・紙オムツ

・リボン

・両面テープ

・造花

・グルーガン(工作や手芸に使う

樹脂を溶かして接着する道具)

・サランラップ

・セロハンの包装紙

・その他飾り付けたい物

 

作り方

1,空き箱で車の土台を作る

 

2,オムツを筒状にクルクル丸め

サランラップを巻き付ける

(柄のついた袋を100均で

買ってきて包むと見た目が良い)

 

3,2を箱に両面テープでくっつける

 

4,3をセロハンの包装紙で包む。

紙オムツを縦長半分に折り、

クルクル丸めタイヤを作る。

サランラップでくるんで

セロハンの包装紙で包んだものを、

箱の底にグルーガンで付ける。

(セロハンの包装紙が

熱で溶けないように注意する)

 

5,あとは好きなように飾れば完成です。

 

 

ワンポイントアドバイス

どのようなものを作るにしても、

一度手に触れるものなので

仲の良い友だち以外に贈る場合は、

相手が気にしない人かを

考える必要があります。

(神経質な方は使うのを

ためらってしまう場合もあります)

 

オムツは1枚づつ包むと

衛生的にも良いですし、

使う側からも好評です。

(外出先で処理袋にも使えます)

 

ラップよりは100均で袋を購入すると

見た目も綺麗でおすすめです。

 

贈るタイミング

出産祝いは、必ず先方から

出産の報告を受けてから贈ります。

 

母親と赤ちゃんの無事を確認したら、

お七夜(生後7日目)の後から

生後1ヶ月の時期までに

贈るのがマナーです。

 

通常なら、産後1週間程度で

母子ともに退院となります。

しかし、出産祝いを持参するのは、

親しい間柄でない限りは、

産後2週間以降が良いでしょう。

 

出産直後に渡したい場合は、

産後の静養に配慮して、

持参せずに配送する方がスマートです。