深夜バス初心者の為の基礎知識

ほとんどの夜行バスは座席予約制になっています。予約センターに電話して予約する方法もありますが、最近ではネットで予約出来る路線が増えています。
バス会社を選ぶのもネットで自動予約が出来るようなある程度の規模の会社を選ぶと、機材も新しく、便利な機能が付いて快適に過ごせます。

高速バスで交通費削減

高速バスにはメリットがあります。新幹線を使った場合と比較しても、最大で約四分の一といった価格もあります。

寝ている間に移動できるので、宿泊代が節約できますし、鉄道では乗り換えが必要な場所へもダイレクトに行けるので帰省などに適しています。

そして、朝一番の新幹線や飛行機よりも早く到着するので、一日の行動範囲が広がるメリットもあります。

高速バスで快適に過ごすコツ

通路側の席を予約する
窓側と通路側ではぜんぜん快適度と圧迫感が違います。消灯になってしまえば通路に足を伸ばすことも出来ますし、冬は特に窓からの冷気が伝わりにくい利点もあります。

車内、中ほどを予約する
前後車輪の間なので横揺れ、上下動、横ずれなど、長いバスならでわの挙動も比較的緩慢です。

7

乗車前は腹八分目
乗車する前にたくさん食べてしまうと、シートベルトがきつくなるかもしれませんし、長時間車内にいると体調が悪くなることもあるかもしれません。乗る前に顔を洗って、歯磨きもしておくとスッキリします。

乗ったら靴を脱ぐ
靴を履いたままウッカリ寝ると、起きた時に足がむくんで靴がギュウギュウになったりします。寝る時にむくみを取る靴下を履くのもお勧めします。

音楽が聴けるもの
自分の好きな音楽を聴いていれば、外からの雑音はシャットアウトされるので気持ち良く過ごすことが出来ます。

ガム・タブレット
たくさんの人と満室状態のバスに長時間乗っていると、食べ物などのニオイがこもり辛くなることはありませんか?そんな時、柑橘系やミントなどのタブレットやガムを用意しておけばリフレッシュすることが出来ます。

マスク
こちらも、周りのニオイをシャットアウトするのに便利です。バス内は空調が強めに効いていることが多いので、乾燥対策にもなります。

フェイスタオル
持っていると何かと便利なフェイスタオル。首の位置が定まらず肩がこりそうな時や、何かにもたれて寝たい時、さっと丸めて自分の頭を支えるなど使い勝手が良い。

ブラケット
空調対策、腰当て、ひざ掛けにも重宝します。又、上着をもっていないときにも羽織ることができます。

大きな荷物はトランクに預け、これらのアイテムをサブバッグなどに集めて持ち込めば快適なバス旅ができます。

色々工夫をして、快適なバスの旅を楽しんで下さい。