最近は、会費制の披露宴

増える傾向にあります。

北海道などは習慣として

会費制が多いという地域もあります。

 

そういった結婚式に呼ばれた場合

迷うのがご祝儀

 

お祝いの気持ちをどの様に

表わせばいいのか、

その方法と考え方をお教えします!

 

ご祝儀は必要?

無題

会費制にしているということは、

「会費以外の金銭は不要」

という意思表示でもあるので、

ご祝儀を持参しなくても失礼にはなりません。

 

ご祝儀を贈りたい場合は、

事前に新郎新婦に渡しておくか、

当日持参して受付で渡します。

 

金額の目安は、

関係に応じて1~3万円程度

 

ご祝儀制の場合に包む金額の

マイナス2万円

考えるとわかりやすいでしょう。

 

3万円包む相手なら1万円、

5万円包む相手なら3万円という具合です。

 

本来、ご祝儀は事前に

渡すのが正式です。

可能であれば前もって新郎新婦に渡しましょう。

 

本人に会う機会がなく、

事前に渡すのが難しければ、

当日持参でもかまいません 

祝儀袋に入れるべき?

当日持参する場合は、

ご祝儀袋に入れて受付で渡します。

 

会費とご祝儀は別にして

現金で持参しましょう。

会費は袋に入れてしまうと

集計ができないので、袋はいりません。

 

お金でのお祝いは遠慮されている、

金額を抑えたいという場合は、

プレゼントでもOKです。

 

グループでお金を出し合って

品物を用意するのもいいでしょう。

その場合、当日持参するよりも

事前に贈っておきましょう。

 

結婚式当日は何かと荷物が多いので、

大小を問わず荷物を増やすことは

避けてあげましょう。

 

 

どんな人にご祝儀を贈るべき?

本来ご祝儀は不要の会員制

どうしようか迷う相手もいるでしょう。

では、どんな相手にご祝儀を贈るべきなのでしょうか。

 

♪ご祝儀をもらった相手の場合♪

自分が相手を結婚式に呼び、

ご祝儀を頂いているのであれば、

お返しとしてご祝儀を贈ったほうが

いいでしょう。

 

♪日頃お世話になっている相手♪

会費はいわば自分の飲食代。

参加することもお祝いの気持ちの

表れとなりますが、仕事などで

お世話になっている相手には、

もう少しお祝いの気持ちを添えたいものです。

 

単独でご祝儀を贈ることはもちろん、

プレゼントでもいいでしょう。

数名で連名のご祝儀を包んだり、

プレゼントを贈るなど、

お祝いの気持ちを込めてあげたいですね。

 

会費制にしている場合、

ご祝儀を奮発しすぎるのも、

逆に相手が恐縮してしまうかも。

金額のバランスを考えて、

お互いに気持ち良く

やりとりが出来る形で祝ってあげましょう。