そろそろ本格的に寒い時期になってきました。
北海道では最低気温が一桁台を記録したところもあるようです。

そんな寒い季節を迎えると衣替えをしますよね。
今回は「衣替え」についていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

衣替えはいつ?

衣替えの季節が来たと言ってもいつやればいいかわからなくて失敗した
という話はよく聞きます。

結論からいうと衣替えは6月と10月にするのがベストです。
学校でも制服の衣替えがありましたよね。
あれは6月1日と10月1日を基準にして、制服の衣替えをしているのです。

それがいつの間にか根付いて、6月と10月がベストと言われるようになったのかもしれませんね。
特に制服はクリーニングが必須な服ですので
衣替えの時期に入る前にクリーニングに出すようにしましょう!

衣替えのコツ

衣替えをする際に「この服は来年着るかもしれないから取っておこう」と言って
結局その服を着ないまま、時が流れてしまったという経験はないでしょうか?

まず衣替えの一番重要なポイントは「いらないものは捨てる」というところです。
着ない服をいつまでも取っておいてしまうと、邪魔になってしまいます。

今ではメルカリなどのフリマアプリがあります。
それらを使って簡単に売ることができるので、衣替えの時期には以外と重宝します。

いらないものといるものの区別は「2年間使っていないかどうか」です。
2年も使っていないのなら、この先その服を使う確率は十分に低いでしょう。

洋服の効率的な収納の仕方

衣替えは季節ごとに行うものなので、シーズン別に服を分けておくと良いでしょう。
区別したものをわかりやすくするために「春夏秋冬」などのラベルを貼っておくと
効率的に衣替えをすることができます。

セーターなど毛糸の衣類を収納ケースに保存する場合は
そのケースの一番上に防虫剤を必ず置くようにしましょう。
毛糸系の衣類は虫の被害に結構合いやすいので要注意です。

そしてもう一つ収納の大事なポイントがあります。
それは「衣類別に分けて収納する」ということです。
服の中でもシワになりやすいものやそうでないものなどがありますよね。
それらを分けるということです。
分ける項目としては以下のようになります。

・シワになっても気にならないもの
・ハンガーだと型崩れしてしまうもの
・アイロンですぐ綺麗になるもの

これらの項目に応じて分けておくだけでもだいぶ違いますよ!


重ねた服が崩れにくいたたみ方[プロのたたみ方]

衣替えを上手にして、季節の変わり目を楽に過ごしちゃいましょう!