お盆とは

先祖や亡くなった人たちの霊を祀る行事、またはその期間

旧暦7月15日前後で行われることが多い。

現在では、8月13日から16日までの4日間が一般的である。

関東の一部などでは7月13日から16日4日間の場合もある。

 

新盆とは

先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく、成仏してくれるようにと、子孫が、報恩や追善の供養をする期間をお盆と呼びます。

特に、人が亡くなってから最初に迎えるお盆を新盆と呼ぶ。

 

地方によって異なるが、新盆の家の人は門口や仏壇、お墓に白一色の盆提灯を立てたり、新盆の家の人にそういった提灯を贈ったりして特別な儀礼を行なう。

無題

お盆休み

新暦8月15日前後は平日であってもかなりの人が休日になることが多く、学校の児童、生徒であれば大多数は夏休み期間となります。

全国的に大多数の人が墓参りをするのが恒例です。

しかし、お盆は先祖の霊を祀る宗教行事だけでは無く、国民的な休暇、移動の時期としての側面があり、仏教的生活習慣を意識していない場合には、お盆は単なる夏休みという意識でしょうか。

 

高度成長期に製造業は地方出身者を多く集めて、週休二日制と休日増をはかり長期の夏休みが設定された。

 

当初は盛夏7月末から8月初めと8月15日前後と、分かれて休んでいました。

しかし、各社地方工場の展開に伴い従業員の要求が強く、現実に休みが8月15日に集約されていき、それが他産業全体に拡がっていきました。

 

地方のお盆行事

地方によってはお盆には色々な行事が行なわれます。

 

長崎県:精霊流し

長崎県内各地で行われる伝統行事。

毎年8月15日の夕刻から開催され、爆竹の炸裂音、鉦の音、掛け声が交錯する喧噪の中で行なわれる。

精霊船は山車を連想させる華美なものであり、見物客も集まる。

祭と誤解されることもあるが、あくまでも故人を追悼する仏教の行事である。

 

岐阜県:郡上おどり

岐阜県郡上市で開催される伝統的な盆踊りです。

郡上節を演奏する囃子の一団が乗る屋形を中心に、自由に輪を作り時計回りに周回しながら踊ります

会場が街路の場合もあるので輪は円形とは限らず、振り付けの基本は簡単です。

初心者でも観光客でも見様見真似で踊ることもできます。

 

 

富山県:おわら風の盆

越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露します。

艷やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り、哀調のある音色を奏でる胡弓の調べなどが来場者を魅了します。

 

おわら風の盆が行なわれる三日間、合計25万人前後の見物客が訪れ、町は大変な賑わいをみせます。