夏休みの終わりは地蔵盆!

長い夏休みも終わりに

さしかかった頃に、

最大で最後のイベント

「地蔵盆」が各地で行われます。

無題

みなさんは、「地蔵盆」

ご存知ですか?

阪神間ではこの時期になると、

近所にまつっている

お地蔵さんがおしゃれ

着飾ってもらっています。

 

地蔵盆は京都生まれで、

近畿地方の行事として

古くから行なわれてきました。

 

また、北陸地方や新潟、

信州では長野市周辺でも

盛んに行われていますが、

東海や関東には、

ほとんどないそうです。

 

地蔵盆の言われ

地蔵盆とは、子供の守り佛として

古くから信仰されていました。

 

お地蔵さんは

民間の信仰の神様でしたが、

仏教に属する地蔵菩薩

あったようです。

 

この地蔵菩薩は

お釈迦様が入滅してから

未来仏の弥勒菩薩が

この世に現れるまで、

人間界のみにあらず

地獄・飢餓・修羅・

畜生・天といった

六道すべてにおもむき、

人々を救済しました。

 

平安時代以降に

阿弥陀信仰と結びつき、

地蔵信仰が民間に広がり、

道祖神と同じように

村を守る役割も果たすようになります。

 

そして、地獄の鬼から

子供を救うとして子供の守護神となり、

現在にいたっています。

 

地蔵盆はいつするの?

基本的に地蔵盆は、

8月23,24日

地蔵菩薩の縁日を中心に行なわれます。

 

しかし、準備する親や地域の方たちの

都合によってこの日前後の

土曜から日曜にかけて

行なわれるところもあります。

 

また最近では、子供が少なくなり

1日に短縮される場合もあります。

 

 

子供が主役の地蔵盆!

地蔵盆の主役は、子供達です。

京都では、各町内ごと

地蔵尊の前に屋台を組んで

花や餅などの供物をそなえ、

お菓子を食べながら

ゲームなどの遊び、

福引などが行なわれます。

 

また数珠繰りや数珠回し、

といって玉が大きくて

長い数珠を子供達みんなで

回す儀式をします。

 

その時に大人もその輪の中に入り、

分たちも経験した思い出を胸に

子供たちと一緒に

数珠を回します。

 

大阪では地蔵盆には地車がでたり、

神戸では子供達が

お地蔵さんめぐりをして、

町内の人からお菓子を頂いたりします。

(お接待といいます)

 

地域によっては、

各家庭の子供の名前が入った提灯を

地区の会館前に吊ってもらい、

23、24日の二日間、

その提灯の下で盆踊りを行います。

そして子供のいる各家庭に

お菓子が配られます。

 

夏の終わりに

無題

こうして地蔵盆が終わると、

夏休みも1週間ぐらいです。

あんなにうるさかった蝉の声も

いつの間にか聞こえなくなり、

空には入道雲から

秋の雲にかわりつつ、

夏の終わりの寂しさだけが残ります。