通信教育の売り文句は「継続は力なり」

この宣伝文句は嘘ではありません。

 

送られてくる教材をしっかりと自学自習し、

提出課題に取り組み、復習をすれば、

合格に必要な力をつけることは十分可能です。

無題

ただし、自学自習だからこそ、

通信教育をきちんと続けるのは

至難の業なのです(>_<)

 

働きながらでも気軽に始められるだけに、

とりあえず受講申込みはしたものの、

テキストをぱらぱらめくっただけで、

気がついたら受講期限が

終わっていたなんてこともありがち!

通信教育を継続する秘策!

学習を継続するための

「やる気」を出すことは、

セルフコントロールに他なりません。

 

やる気を出すには

内発的動機付け外発的動機付け

の2種類があります。

 

通学に匹敵する「強制力」

創り出す為に必要なのは、

「外発的動機付け」の方です。

具体的には下記の様な方法が効果的です。

 

*自分にご褒美、あるいは罰を設定する

1週間や1ヶ月単位で学習計画を立て、

目標をクリアしたら自分にご褒美、

クリアできなければ罰を与える。

(「◯◯断ち」などもこれに含まれます)

 

*ペースメーカーを作る

家族や友人など周囲の人に

学習していることを伝え、

進捗具合をチェックしたり、

「ハッパ」をかける

ペースメーカーになってもらう。

 

*あえて「職場のプレシャー」を作る

業務に関連する資格の学習であれば、

職場の上司、同僚に

資格取得を宣言して、

自分を追い込む。

 

目標をクリアするためには

出来るだけ理解しやすい教材を選び、

フォロー体制を確認しておきましょう。

 

補助教材の利用や

スクールのサブ教材の活用などを図り、

最後までやり抜く力として下さい。

人気の通信講座

1位:消費生活アドバイザー

企業や行政等において

消費者相談の対応や、

製品開発の助言や

説明書の作成などを行い、

企業と民間との架け橋の役割を担っています。

 

昨今消費者行政へ注目が集まる中、

消費生活アドバイザー

資格は人気が高まっています。

 

2位:ソムリエ・ワイン

ワインの魅力と楽しさを伝える

プロを対象とした資格

「ソムリエ」「ワインアドバイザー」

ワイン愛好家の為の資格

「ワインエキスパート」

 

ワインを扱う店で働く方や

ワインの仕入れ・販売を行う方、

ワインをもっと楽しみたい方に

おすすめの資格です。

 

3位:インテリアコーディネーター

お客様の希望やお住まいの悩み、

生活スタイルなどをヒヤリングし、

インテリアの知識を駆使して、

最適な住空間を創りだすスペシャリストです。

 

空間デザインや色彩感覚に優れた方、

住まいに興味のある方におすすめです。