*

本当にバナナは健康にいいのか!バナナ豆知識

バナナは高カロリー?

バナナビタミンCやビタミンB6などのビタミン含有量が多く

1本あたりの熱量は100カロリー程度。

 

果物の中では高めですが、脂肪分は微量しか含まれておらず

(バナナにもよりますが、ほとんどは1グラム以下、0,2グラム程度)、

おやつで食べてもバナナが原因で太るということはありません

 

 

バナナは実は消化に悪い?

バナナ消化に良くエネルギーに変換されやすいので、

朝食に向いていると言われています。

 

そして「下痢に良い」という考え方もあります。

実際、まだ腸の機能が完全でない赤ちゃんの離乳食にも使われます。

 

ところが、「バナナで下痢になった」という話しもよくあります

どちらが正解なのでしょう?

 

バナナには「下痢にも便秘にもよい要因がある」といえます。

まず、バナナに含まれる食物繊維です。

 

バナナには、水溶性食物繊維不溶性食物繊維

どちらも含まれていますが、目でみても筋のようなものが

あるのがわかるように、不溶性食物繊維のほうが多く、

腸を刺激して排便を促す効果が高いと言えます。

 

次に、バナナには天然のオリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖はビフィズス菌のえさになるので、

腸内環境を改善するのに役立つ成分です。

 

オリゴ糖は「難消化性」という性質があり、

腸で吸収されにくく低カロリーの糖として

ダイエットにも使われています。

 

 

98

 

生活習慣病の予防に効く?

バナナに豊富に含まれるカリウムには、

体内の余分なミネラルを排出し、

血圧を調整する作用があるので、

高血圧や脳梗塞、動脈硬化の予防が期待できます。

 

その他、血液中の糖分を細胞内に取り込み、

血糖値を下げる働きがあると言われており、

糖尿病の予防にも効果があるようです。

 

 

 

バナナの正しい食べ方

バナナを2本3本と多めに食べてしまうと、

下痢になる恐れがあります。

 

南国の果物ですので、「体を冷やす」とも言われています。

下痢がひどい時には、そのままのバナナはむしろ避けた方が

よさそうです。

つぶしたり少量をよく噛んでいただくなどして食べるようにしましょう。

 

普段から腸内環境を改善するために食べる、

便秘改善のために食べるのであれば、大いにお勧めします。

 

ダイエットにもお勧めされることはありますが、

朝食を一度バナナに置き換える、おやつをバナナにする、

という程度であればよいでしょう。

 

ただし、ダイエットだからと言ってバナナだけでは

栄養価が非常にに偏ってしまいますのでご注意下さい。

 

牛乳と一緒に食べたり、サラダにのせたりと

食べ方のバラエティーも豊かにしましょう。

 

焼いたバナナや、ホットケーキに混ぜるなどしても

甘みが強くなっておいしくいただけますし、

消化にも良いですよ。

関連記事

正しい歩き方で歩いていますか?効果的な歩き方をご紹介

最近では若年層でも糖尿病などが流行ってきています。 この糖尿病のことを若年性糖尿病と言うんだとか。

記事を読む

牛乳は体に良いか悪いか?子供への影響や栄養について!

牛乳は身体に良いの?悪いの? 牛乳と言えば栄養満点でカルシウムが豊富と思われてる飲み物です

記事を読む

夏の汗対策!汗をかかない&止める方法はある?食事で体質改善!

デートなどで手汗が気になって 手をつなげない! という経験ありませんか? &nbs

記事を読む

ハーブの効果・効能とは?摂る上で気をつけなければいけない注意点も

ストレスが多くたまりやすいと言われている現代社会。 人間関係や上下関係などなど…。ストレスがたまる

記事を読む

脳貧血の症状と予防対策について!原因は自律神経の乱れ?

脳貧血と普通の貧血は違うの? 脳貧血と貧血はとても良く似た名前です。 実はこの二つは原因から

記事を読む

マラソンブームで急上昇!鍼灸師に聞いた、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の原因や治療法!

腸脛靭帯炎とは。。。。 ランナー膝、ランナーズニーとも呼ばれ、別名は腸脛靭帯炎。 ランニングによ

記事を読む

スムージーのおすすめレシピ!ダイエットや便秘にも効果が!

美味しく!綺麗に!健康に! 簡単に作れるスムージーご紹介します!  これからの季節、気温が上

記事を読む

味噌汁を飲んで健康パワーを高めよう!美味しく作るコツ教えます!!

味噌汁を毎日飲むとこんなにいいことが ご飯に欠かせないものといえば、味噌汁。味噌汁を朝晩飲むことで

記事を読む

初めての白髪染めのポイント!ヘアカラーとの違いは?白髪は何歳から?

初めての白髪染めのポイント! 初めての白髪染めで、 何に気をつけたらいいのか? 大きく

記事を読む

悩みすぎる前にカウンセリングに相談しよう!方法や効果は?

カウンセリングとは? カウンセリングとは簡潔にいえば、 自己の成長・発達を援助する と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼けに良い食べ物は?してしまったらどんなケアをすれば良い?

女性が夏に気にするものと言えば「紫外線」ですよね。 最近は温暖化のせ

コッペパンの発祥は?おすすめの具材や専門店をご紹介

皆さんは朝食に何を食べるでしょうか? 日本人は大きく分けてパン派とご

マカダミアナッツの効果は?特徴を理解して健康な美を手に入れよう

最近美容界で肌に良いと話題になっている、マカデミアナッツオイル。 一

毛布を自宅で洗う方法は?保管方法も

冬になると毛布ってよく使いますよね。 しかし冬が終わると同時に使わな

温泉へ行こう!子どもを異性の湯に入れるのは何歳まで?

子供連れでもゆっくり温泉を楽しみたいママさんはとても多いはず! でも

→もっと見る

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
PAGE TOP ↑