■ イベント

初めての芋掘り!持ち物や関東で体験できるスポットもご紹介






秋と言えば、食欲の秋ですよね!焼き芋や栗ご飯などなど・・美味しいものがてんこもりな秋!

最近はアウトドアブームなので、焼き芋を自分で作ってみたいという方も多いはず!?

巷ではそのために芋掘りが流行っているんだとか。今回は「芋掘り」をテーマに持ち物や、そのあとのサツマイモの保存方法などをご紹介します!

初めての芋掘り!持ち物は?



芋掘り体験というのは、普段はなかなかできないものです。初めての経験する人のために、持っていくと良い持ち物をご紹介します!

まずはスコップシャベルです。これがないと芋掘りができないですからね!あとは手が汚れないようにするための軍手ゴム手袋も必要になってきます。芋を入れるためのバケツ
も必要ですね。

これらのものがあるだけで芋掘り体験の準備は万端です!場所によっては全て貸してくれて手ぶらでOKという所もあるので、事前に確認してきましょう。



関東で人気の芋掘り体験スポット



今回は関東で、芋掘り体験ができるところをご紹介したいと思います。

実は、東京都内でも芋掘り体験をできるところがあるんです!

東京の小平市にあるサニー農園です。都心からも近いので、すぐに芋掘り体験ができるというのはとても嬉しいですね。

ここでは9月の中旬からサツマイモの収穫ができるようになっています。10月に入ると里芋の収穫もできるようになります。長い期間にわたって芋掘り体験を楽しめるというのはうれしいですね!

場所:東京都小平市花小金井3-11-10
TEL:042-461-8282
開園時間:午前9時〜午後4時
開園時期:9月中旬〜11月上旬
料金:1株200円5株〜
アクセス:西武鉄道「花小金井駅」から徒歩約15分

さつまいもの保存方法は?



さつまいもはとても寒さに弱いものになっています。なので冷蔵庫に保存するということはしないようにしましょう。

さつまいもは新聞紙にくるんで常温で保存すると長持ちします。期間としては約2週間保存できます。保存した状態で料理などに使うときは加熱をするとよいでしょう!



子供と一緒に芋掘り体験というのも、良い思い出作りになるのでおススメです!是非体験してみてくださいね☆