年々暑くなる夏(@_@;)

30度で暑がっていたのは昔の話

今は夜でも30度になる事も!?

熱帯夜を快適に過ごす方法を

ご紹介します!

試してみる価値ありますよ!

無題

熱帯夜

今年も寝苦しい季節がやってきます。

しっかりと睡眠をとって

疲れを残さずに翌朝を

迎えたいものですが・・・

 

熱帯夜とは

夜間の最低気温が25度以上

のことをいいます。

 

気象エッセイスト倉嶋厚氏が

作った言葉だそうですよ。

 

ちなみに夜間の最低気温が

30度以上になると

「超熱帯夜」

「スーパー熱帯夜」

などと言われるみたいです。

 

熱帯夜の原因は、昼間の日照により

地面や建物に熱が蓄積されます。

そこから熱の放出が夜になっても

続くために、夜間も暑いままのです。

熱帯夜の過ごし方

[お部屋の温度と湿度を下げる工夫]

扇風機の風を直接体にあてず

対角線にあたる窓を開けて

風を送るなど、

寝室に熱がこもらないよう

通風をよくしましょう。

 

エアコンで室温、湿度を下げておくと、

気持ちよく眠れます。

眠っている間、

深部体温は低下しますので、

設定温度は高めにしましょう。

無題1

[エアコンは苦手という人は]

エアコンを使いたくない方は、

寝具をお腹だけにかけて

手足にかけないように

するのもおすすめです。

 

血液が手足で冷やされて

熱を放出しやすくなります。

また、保冷剤などで手足や頭・

首などを軽く冷やすと、

さらに快適に眠れます。

 

くれぐれも体には寝具をかけて

冷やさないようにして下さい。

 

ふとんなどの寝具が

熱のこもりやすいものだと、

汗の蒸発の妨げになり

寝苦しくなります。

 

また、寝返りの回数も多くなり、

眠りが浅くなってしまいます。

麻など、通気性がよく熱が

こもりにくい素材のものや、

熱に反応して涼しさを感じる

素材のものを使いましょう。

 

【涼感アクアピロー】

 

寝つきを良くする方法

寝つきを良くする方法としては、

ぬるめのお風呂に入るのもおすすめ。

 

夏はシャワーですませがちですが、

眠る1時間くらい前

ぬるめの風呂にゆっくり入りましょう。

 

そうすることで深部体温がさがり、

寝つきがよくなります。

無題4

夏はただでさえ体力の消耗が激しいのに、

さらに暑さで食欲が落ちたり

脱水症状などで体調管理が

難しい時期でもあります。

 

そんな時こそしっかり睡眠をとって

体の疲れを残さず、

夏を乗り切る体力を養えるように

今から心がけておく必要が

あるかもしれませんね。