手軽に利用できるようになった

「キャッシング」

コンビニやATMでも

利用可能ですが、

キャッシングの罠に

陥らないためにできることは?

借金を早く返すコツについて!

 

キャッシングの種類

急な出費のときに便利なキャッシング

保証人や担保が不要

審査もシンプルでスピーディー。

「最短10分で融資できます」

という所もあります。

気軽に利用できる分、注意が必要です。

無題

★銀行

銀行のキャッシングは,

他の貸金業者によるキャッシングに比べ,

限度額が100~500万円

高額であること,また,

適用される金利も数%~15%程度

低めに設定されていることが特徴です。

 

その代わり,大手都市銀行を中心に,

提携先の貸金業者が

保証会社になることが

条件とされているのが通常です。

★消費者金融会社

消費者金融がキャッシングを行う場合

通常限度額が10~50万円

比較的少額に限定されています。

 

金利は8~18%前後設定です。

また,一般的に保証人や不動産などの

担保を要求されません。

 

【永作博美 CM アコム ~はじめて篇】

https://youtu.be/qyJAgKtRaT0

 

★クレジットカード

クレジットカードのキャッシングも

消費者金融と同様,

限度額が10~100万円

比較的少額に限定されています。

金利は15~20%前後

高く設定されています。

 

消費者金融と同じく

保証人や不動産などの担保は不要

無題2

気軽なキャッシングの罠

★リボルビング払い

毎月の支払額が定額な上、

額面を低く抑えられるという

メリットはありますが、

元本の減りがとても遅いという

デメリットがあります。

 

最終的には借入額よりも

支払った利息の方が多くなります。

10万円をキャッシングで借りたら

完済するのに3年、

総額20万円弱かかってしまった

なんて話もあります。

くわしくはコチラ

 

★クレジットカード現金化

ある商品をクレジットカードで購入させて、

購入したものを現金化業者が

現金で買い取ります。

(但し購入した金額よりも低い金額で)

 

クレジットで購入した分の支払いは、

分割やリボ払いになると思われるので、

その利息分も払うため実質的には

購入金額よりも多い金額を支払う事に。

 

「無職でも借りられます」

「収入が無くても借りれます」

などと謳っているところもあるようです。

くわしくはコチラ

無題4

利息の計算

最初の月は

借りた金額×年利%÷365日×1カ月

=1か月分の利息

 

翌月以降は

(残金-返済額)×年利%÷365日×1カ月

=その月の利息

 

年利12パーセントで、

100万円を毎月5万円ずつ返済の場合↓

最初の月

100万円×12%÷365×30=9863円

 

翌月

95万円×12%÷365×30=9370円

翌々月 

90万円×12%÷365×30=8877円

 

あくまでも概算なので

正確な数字を知りたい方は

ご利用される金融機関

確認を取ってください。

 

借金返済のコツ

無題5

★新しい借金は作らない!

借金をできるだけ速く

返済していくためには、

何とかなるだろうという

甘い考え・逃避グセを捨てましょう。

 

借金はもうしないと

腹をくくったうえで、

現時点における毎月の収支

把握から始めてみましょう。

 

自分の収入が明らかになり、

その中でやりくりするのだという

意思があれば、

無駄遣いをすることがなくなりますし、

新たな借金をすることも

なくなるでしょう。

 

★現在の状況の把握

実は「多重債務に陥る人の多くは、

自分の正確な借金額を

把握していない」というのが現状です。

 

そこで借金の総額毎月の返金額

元金残高、金利、最終返済期日

書き出してみます。

 

書き出したものを表にすると

整理されて見やすいでしょう。

こうして借金の全体像が把握できたら

具体的な返済計画も立てられますし、

借金がどのくらい減っているか

一目でわかるため

モチベーションが上がります。

 

★余裕があれば早めに返す

借金というものは、その性質上

返済期間が長期に及ぶほど

トータルの利息支払いが増えます。

 

毎月借金の支払いをしても、

生活に余裕があるという方は、

ある程度の金額が貯まった時点で

借金の繰上げ返済をおすすめします。

 

ボーナスを貯金しているという方も

可能であれば、

その分を返済にあてましょう。

無題1

昔は「キャッシング」って重苦しい

イメージでしたが

最近は法律も改正されて、

テレビでもコマーシャルで

見るくらい身近なものに

なっているようです。

 

しかし「借金」であることに

変りはないのですから

収入と支出のバランスを大切に、

無理のない済計画

利用しましょう。

 

 

ご利用は計画的に♪