入院した時などにかかる医療費。
医療保険などいろいろと複雑で理解するのに時間がかかるものです。

その中に「医療費控除」という言葉があります。
いったいどのような意味なのでしょうか?

今回は「医療費控除」についていろいろと調べてみました。
それではいってみましょう!

医療費控除とは?対象となるものは何?

まず医療費控除というのは、一年間に支払った医療費の合計額が年間で
10万円を超えた場合に
超えた金額をその年の所得から差し引くことができる制度です。

この医療費控除の限度額は最大で200万円までと定められています。

一つだけ注意点があり、保険金で補てんされていた場合は
その金額も差し引かなければなりません。

治療を目的として購入したものなら
基本的には医療費控除の対象に当たります。

最後のその他の欄に医師の証明がある場合のものがあります。
このように証明が必要なものがあるので十分に気を付けましょう。

医療費控除の手続きの手順

医療費控除に関することを書いた確定申告書を、税務署に提出する必要があります。

この医療費控除の対象となるのは1月1日から12月31日にかかった医療費全般です。
医療費控除に関する確定申告書を提出するのは、2月16日から3月15日までとなっています。

この日付を逃してしまうと医療費控除の申請ができなくなってしまうので、注意してください。

確定申告が変わるって本当?明細書とは?

最近国税庁の公式ツイッターが「今年分の確定申告から、領収書がいらなくなった代わりに『医療費控除の明細書』が必要」というのが発表されました。

これに対しツイッターでは「9月に言われても困る」や
「領収書以外は捨ててしまった」と戸惑いの声が多く聞かれました。

明細書とは自分で用意するものになります。
この明細書は国税庁の公式ホームページからダウンロードすることができます。

医療費控除を上手に使って、少しでも医療費を抑えられるようにしましょう。