梅雨が明ければ海開き!
いつになったら海水浴にいけるの?

梅雨入りはどうやって決まるの?

梅雨とは何でしょう、それは北にある冷たい空気(オホーツク海気団)と
南にある暖かい空気(太平洋気団)とがぶつかると
梅雨前線というものが出来て雲が発生しやすくなって
激しく雨がふるからです。

その雨が1週間以上連続して降ると予想された時が梅雨入りとなり
逆に雨が降り止み晴れが続くと梅雨明けと呼びます。

1

その時期の決め方ですが気象庁が
北海道以外を12の地域に分けて予想をしており
はっきりとした例えば何ミリ以上降り続いたら梅雨入
止んだら梅雨明けといった様な基準はありません。

日にちも「◯日ごろ」とアバウトな表現を採用しています。

台風などと違って何かその対策を考えなくてはならないといったことでは無いので
梅雨入り・明けの気象学的な定義は存在しません
それよりも文化的側面の方が大きいと考えられています。

梅雨といったら紫陽花を思い浮かべる方も多いと思います。

梅雨があければ待っているもの、それは海開き

梅雨入りも梅雨明けも、はっきり宣言するといったものではありません
ゆるやかな予想に近いものです。

梅雨は北海道をふくめて存在しない地方や国も多くあります。
又、雨期とよばれるただ単に雨の多い季節が存在する地域もあります。

日本の梅雨とよばれるものは俳句の季語としてあるように
あくまでも文化的側面が大きい気象現象であるといえます。

その為に、梅雨明けイコール海開きといったイメージが
時期的に重なることもあり思い浮かぶのです。

いつから海で泳ぐことができるの?

海水浴場であれば、水温、水質検査等を考え海開き宣言をします。
沖縄県は早いのですが、海の家や監視員の設置等も必要となりますので
全国的には7月1日から海開きを行ない8月末までの営業が多いようです。

例年の梅雨開け時期を見てみますと年度、地方によって異なりますが
平均して6月上旬に梅雨入りをし遅くとも7月下旬には開けていますので
だいたいその地方の梅雨が明けるに伴って本格的な海の季節となっています。

海に入れる気温は?

一般的に水温と気温を合計して50度くらいが基準となります。
水温が22度であれば気温28度以上、水温25度なら気温25度
これくらいの水温・気温であれば子供でも安心して海に入れます。

これは学校のプールで授業が出来る基準ですが
これくらいの水温・気温があれば海水浴にも適した環境と考えられています。

海水浴はその場所を管理する市町村が
設備、営業時間、安全管理等を行っています。

地元では交通の混雑、騒音問題、風紀問題も起こっているので
事前に観光案内ホームページなどで注意事項などを確認し
マナーを守って楽しく海をたのしみましょう♪♪