お茶屋さんとは?

「茶屋」とはもともと、

社寺に参詣したり、

物見遊山に来た人たちに、

お茶や菓子を出したお店がルーツです。

 

「上七軒」

天神さん(北野天満宮)にお参りに来た人、

「祇園甲部」「祇園東部」

「祇園さん(八坂神社)」にお参りに

来る人が寄った、門前茶屋が発祥です。

 

最初は茶や菓子などを

参詣者に出すだけでしたが、

その内、奥の座敷にあがって、

足洗い(ご苦労さん会)を兼ねて、

ゆっくりと座敷でくつろいでもらうようになりました。

 

その為に女性たちが舞や三味線などで

疲れたお客さんをねぎらうようになったのです。

 

「茶屋」はお客さんをもてなす、

ささやかな宴会場であり

「お座敷」と呼んでいます。

無題

通常舞妓や芸妓はこのお茶屋に

スタンバイしているのではなく、

「置屋」あるいは「屋形」

呼ばれるところに住んでいます。

そのため、お茶屋に予約が入ると、

置屋に連絡が行くのです★

 

又、お茶屋で本格的な料理を

作っていると思われがちですが、

原則的には料理は仕出し屋

(出張料理専門の店)から持ってきてもらいます。

 

ですからお茶屋の女将さんは

お客さんの希望や好き嫌いなどを

きちんと把握して、発注する

コーディネーターと言えるでしょう!

 

ルール・料金・遊び方

 

✿料金

お茶屋は場所を提供し

色々な手配をしてくれるところです。

明確に一人いくらなどと

料金が決まっている訳ではありません。

 

料金の内容は、座敷の賃料、

舞妓や芸妓、料理とお酒などで、

お茶屋の格、舞妓の芸などによって異なります。

 

たとえば座敷が2万円、

舞妓と芸妓を一人2万円で3人呼び、

仕出し弁当、飲み物代を加えれば

ざっと10万円!!

これにお茶屋の手数料と消費税、

あとはご祝儀などその場で配るものです。

 

✿服装・ルール

 

舞妓さんが振り袖の正装なので、

お客さんもスーツにネクタイ

新しい靴が良いと思います。

 

一見さんお断りのお茶屋には

紹介者が必要です。

最初はその方と一緒というのが安心です。

 

✿遊び方

お座敷遊びの数は多ですが、

その気がなければやらなくてもいいのです。

 

雰囲気を楽しめれば充分

言う方もいるでしょう。

ここでは主な遊びだけを紹介しますね。

 

「こんぴらふねふね」

おなじみの唄に合わせて、

向かい合った二人が

座布団の上に置いたビールの袴を使って遊ぶもの

 

「とらとら」

近松門左衛門の浄瑠璃

「国性爺合戦」を題材に

和藤内と老婆、トラの三すくみで行われる。

二人の間に屏風を置き、

客と芸舞妓がそれぞれにふんして勝ち負けを競う

 

 

京都だけじゃない!花街は

近年、芸妓に憧れる若い女性

見られるようになりました。

 

京都、金沢の他に、

東京や名古屋、有馬温泉、

博多、長崎などの花街も、

それぞれの個性を明確に打ち出し存在しています。