私、岩盤浴・サウナどちらも大好きなんです(*^。^*)
両者ともメリットがあって気分で使い分けています。

個人的にガツッとすっきりしたい!
頭の中もクリアにしたい!時はサウナ

少し痩せたいな!身体の血流の流れをよくしたい!時は岩盤浴
というように使い分けています。

どちらも汗を流し、気分もすっきりできる効果はありますよね。

両者の効果の違いはどこに現れるの?

サウナの温度は、80~100℃で効果として大量の汗をかきます。
なのでその汗により毛穴の掃除の役割を果たす
血液の流れを良くして、細胞を活発化させる効果が大きいです。

岩盤浴は、サウナに比べ低温です。
室温35度~45度、湿度60%~80%前後ですね。

温めてある石のベッドの上にいることで遠赤外線の効果で汗をかきます。
遠赤外線は、身体の中から温めるものなので
比較的さらさらとした汗を流すことになります。

老廃物を綺麗に洗い流してくれるデトックス効果が大きいです。

どちらにもそれぞれのメリットがありますね!
ただ、サウナは比較的体力を奪われますので、体調に十分考慮することが必須ですね。

ダイエットにおすすめなのはどっち?

結果からいうとどちらもダイエットにはなると思います。
ダイエットというと『体重が落ちる』という意味ですね。

しかし!決定的な違いとしては、サウナに関しては、身体の表面からの汗での水分蒸発なので
水分をある程度補給すれば、その分はすぐに戻ります

それに比べて岩盤浴は身体の内部から老廃物を排出しての汗なので
水分を補給したとしてもサウナほど戻りません

身体の芯から温められているので痩せやすい状態にできることと
有酸素運動をしたような効果が得られます。

ということで、ダイエットで特化して効果があるというのは岩盤浴になりますね!

溶岩浴って聞いたことありますか?

室温約40度、湿度60%で、天然の溶岩の上にタオルを敷き横になります。
そして身体の芯からあたためて汗をかくものです。

岩盤浴より少しだけ温度が高いですね。

岩盤浴と大きく違うのは、石・岩の種類ですね。
溶岩はミネラルが多く含まれていてマイナスイオン効果が大きいのです。
ですので、その溶岩の場所にいるだけでミネラルの摂取ができるというわけです。

石や岩が違うため、岩盤浴より少し健康的な面の効果があります。
溶岩浴は、活水作用や、アトピー改善
神経痛などにも効力があるようです。

サウナ、岩盤浴、溶岩浴、それぞれに効能・効果が微妙に違います。
自分の今欲しい効果を求めてそれぞれを活用していきたいですね!