一口馬主と馬主の違いとは?

一口馬主とは、

商品ファンド法に基づき、

一口クラブが1頭の競走馬を

40~500口程度に分割して

出資を募集する擬似馬主システムです。

 

会員は所属するクラブの

募集馬を選択して

一口単位で出資を行います。

 

さらにエサ代等の維持費を

毎月口数に応じて支払う代わり、

レースで獲得した賞金のおよそ

60~70%程度を口数に応じて

受け取ることができます。

無題

日本中央競馬会

正式な馬主資格を得るためには、

先ず収入1700万円以上、

資産額7500万円以上といった

高いハードルをクリアしなければなりません。

 

しかし、一口クラブは

そういった制限はありませんので、

少ない費用で中央競馬の馬主感覚が味わえます!

 

 

実際にかかる費用は?

いざ一口馬主を始めようとした際に

いくらかかるのか、説明します。

 

★クラブ入会費用(入会時)

クラブに入会するためには、

相場としては2万円前後が必要です。

 

★馬代金(出資時)

馬に出資する際に支払う費用です。

カタログや広告などで

「一口◯万円」と書かれている費用のことです。

 

募集総額を募集口数で割った金額

一口あたりの価格となります。

価格は出資時のみの費用であり、

売れ行き等に関わらず

中途で変動することはありません。

 

★クラブ月会費(毎月)

毎月払う会費です。

相場としては3000円前後です。

各種郵送物の送付や

配当振込などで発生する費用や、

管理業務等で構成されるクラブの運営費です。

 

★馬維持費用(毎月)

出資馬の毎月の生活費用です。

平均50万円程度が口数に応じて

分割請求されます。

100口の馬なら

毎月およそ5000円の負担になります。

 

人間に比べて随分高い生活費と

思われるかもしれませんが、

牧場、厩舎への委託費用

(エサ代、場所代、厩務員・

調教助手の人件費)などで構成されています。

 

 

どんな馬を選ぶ?出資馬選定のポイント

トップクラスの調教師であっても、

「見ただけでは走る馬は分からない」

言われています。

 

素人である一口馬主が

写真や牧場見学だけで

走る馬を判別するのは到底無理なようです。

 

それでも経験則から言えることが2つあります。

1つ目は・・・

「価格や血統がおよその能力をあらわす」

2つ目は・・・

「走らない馬はだいたい分かる」です。

 

競馬はブラッドスポーツと

言われているように血統が大切です。

その為、全ての中央競馬会に属する

馬の血統は管理されています。

何代も前までその血統を遡ることが可能です。

 

従って父方、母方両方の血統を

見れば、過去の先祖馬の走りから

ある程度の確率で走る馬、走らない馬が分かるのです!