サッシュベルトとは聞いたことありますか?
私は職業柄、取り扱っていたのでよく知っていますが、あまり耳慣れないですよね。

サッシュベルトとは

ストレートに言うと装飾ベルトです。

柔らかい材質、たとえば布ベルトのように通常のベルトみたいなベルト穴やベルト金具がないものです。
それに加えて幅広であり、バックルに通して止めるような仕組みになっています。
スカーフを腰に巻くようなイメージのものもあれば
皮製品でバックルが木でできているものもありますね。

ファッションとして年をまたいで何度も少しスタイルが変わったもので流行していると思います。
今も女性の太いパンツに併せて付けている人
ハイウエストで付けているひとと流行が今きています!

さて、サッシュベルトとはひとくちにいいますが
デザイン、コーディネートパターンはいくつもあります!

存在感のあるアイテムなのでわりとシンプルな洋服のコーディネートに
アクセントとして使うのが一番素敵ですが・・・。

上手な着こなし方、使い方

■ワントーンの色のワンピースにウエストあたりで巻く。
これはバックル付のサッシュベルトが可愛いかもしれません。

■トップスを割とふわっとした大きめなものを着て、
下にワイドパンツなどを持ってくる
その間のウエストに少し細めのリボンタイプのサッシュベルトでアクセントにします。

■今年流行のマキシ丈のカーデを羽織り、敢えてカーデの上からサッシュベルト
カーデのインナーも見えたままが格好がよいです!

■少し人と違う個性を出したい場合の使い方は
ハイウエストな位置で皮のサッシュベルトは素敵ですよね。
なかなか着こなしとして難しいかもしれませんが
ロングワンピでもトップスをシャツにした場合でも一味違った見え方に個性が見えますよね!
少しモダンなイメージです。

サッシュベルトは存在感抜群ではありますが、そのもの自体はシンプルな物。

簡単にできる!サッシュベルトの作り方

意外とよくウエディングのシーンでは手作りできひとつのアイテムです!
私もよくビジューをつけて作りました!

■一番簡単なものは、自分の好きな太さのリボンを購入してきます。
そこにレースやビジューをつけるだけのものがあります。
これは、バックルなどはつけません。
その代りウエスト真ん中あたりにお花のモチーフなどをつけられるので個性が出せますよ!

カジュアルなもの
皮の布地を用意します。太さ、形は自分で好きなようにパターンを引きます。
それを二つ作ります(左右ですね!)。

そしてアイレットを二つ取りつけることで通す部分を作ります。
それを真ん中でリボン結びするタイプに仕上げます。
これは作るのは簡単なのですが、パターン引きが重要になってきます。

しかし色も形も自分で選んで安価で作れますので楽しいですね!