サバゲーって何?

サバゲーとは

サバイバルゲームの略語です。

 

サバイバルゲームはエアソフトガンを

使用して撃ちあう、いわば

大人の戦争ごっこです。

 

1983年頃、当時アメリカで

流行っていたペイントボールゲーム

日本でも楽しめないかということで、

おもちゃのエアソフトガン

代用しておこなわれたのが始まりです。

無題

遊び方は、フィールドと呼ばれる

戦闘エリア内で、敵味方の2チームに分かれ、

両陣にある敵の旗を取り合います。

いわば陣取りゲームといった感じです。

 

もちろん、エアソフトガン

使用しますので、敵味方入り乱れての

撃ち合いをします。

 

弾に当たったプレイヤーは

被弾(ヒット)した旨を自己申告し

戦線離脱します。

そしてセーフティーゾーンと

呼ばれるフィールドの外へ退場します。

 

明確な公式ルールはないのですが、

一般的なフラグゲームでは、

1ゲームの制限時間は

15~20分程度で、

制限時間内にどちらかの

フラッグゲットするか、

チーム全員がヒットされ全滅すると

ゲームは終了します。

 

 

サバゲーに必要な装備

サバゲーを始まるにあたり、

初心者の多くはどんなエアガン

買ったらよいか悩むはずです。

 

重要なエアガンの要素は、

1年を通して気温に左右されることなく、

撃ちたい時に確実にBB弾を

発射できる信頼性

狙ったところに弾が飛んでいく

高い命中精度

少々手荒に扱っても

大丈夫な耐久性

ランニングコストが安い

経済性が求められます。

 

これらを考えると

東京マルイ社製の電動ガンに行き着く。

ツールとして良く出来ているのが

この会社の電動ガンです。

 

5つのタイプがあり、

メリット、デメリットが有りますが、

体力や予算に合わせて

購入するのが良いでしょう。

 

基本的に戦争ごっこなので

ミリタリー装備のウエアーが好まれます。

 

服装は自由なのですが、

弾が飛び交うフィールド内、

森の中でのゲームなど

素肌を露出するような装備では

ケガをしやすいです。

 

長袖長ズボン、顔や首を守れる

装備を心がけましょう。

 

 

サバゲーの遊び場所は?

サバイバルゲーム専用フィールド

遊ぶのが一般的です。

専用フィールドは有料で、

一日遊んで一人3000~5000円程度。

 

フィールドによっては

昼食が付く場合もあります。

 

フィールドにはアウトドアや、

インドアフィールドがあります。

 

アウトドアは、森林や市街地

最近では砂漠戦フィールドなどもオープンしました。

 

インドアフィールドは

雨天でも快適にゲームが可能で、

エアコン完備のオールシーズン型

フィールドもあります。