だるまの目入れ・・・なかなか見なくなりましたね。
TVでは、選挙の時などに見かけるくらいでしょうか?
何かだ達成した時、目標が叶った時
そんな時にだるまに目をいれますよね。

だるまに目を入れることについての由来は?

江戸時代に病気がはやった時に
だるまの目入れが始まったといわれています。

感染の病気が流行り、命を落としたり治らないという
不治の病として恐れられている時代です。

その時代には、そういう病気になるのは疱瘡神によるものと言われており
この神は赤色を嫌うと言われていました。

そして、この病気になると視力が失われるという状態でした。
ですので、この当時から目が綺麗に書かれているだるまが人気になっていました。
ただ、目の形が悪いものは売れ残っていたそうです。

そこで商人は、だるまには目をかかず、購入した人が書くようにさせたそうです。
そしてだるまは仏像のように拝まれるものになり
そこに目をいれていくことを開眼と呼ぶようになっていったそうです。

そして病気が治るように・・など願い事がある時に片目を入れて
願いが叶ったらもう片方の目もいれるというようになったようです。

だるまの目はいつ入れるの?

上記でお伝えしたように、だるまは願掛けの縁起物です。
願掛けをする時に片目を入れて、願いが叶えば両目を入れる
開眼から満願と言います。

習慣の場合として多いのは、初詣でだるまを購入し
年始に目をかいて、年末に完成。
一年の無事、幸せを願ってというところでしょう。
厄除け、家内安全、商売繁盛・・・さまざまですね。

他には、受験の願掛けなどでもありますね!
そして、元旦に入れる、または大安や友引という縁起の良い日にいれるのも幸先良さそうですよね。

そして大みそかに家族で一年を振り返り、満願にして
神社にお返しするという流れですね。

私も今年は行いましたが、一度始めると毎年行ってしまいそうです!

左右のどちらから入れるのが正しいの?

意外や意外、地域によって違ったりします。
だるまの種類によっても異なるようです。
しかし一般的には向かって右
だるまにとっては左目になるところから入れるのが通常です。

しかし、願掛けの大きな意味は、開眼ですので
左右間違っていても、片方開眼しているので問題はないです!

宗派によっても違うので
購入する時に確かめることが一番の策かと思います。
是非一年の願掛けをして、一年だるまに見守られてみませんか?