どんな日傘が良いのか教えて!!

夏の必需品日傘、有害な紫外線から大切なお肌を守ってくれます。
近頃は日差しが強いので、春先から日傘を見かけることも多く成りました。

日傘の色は多くは白か黒。
買い求める場合には白系か黒系かで悩むことが多いと思いますが
どちらの方が効果があるのでしょう。

日傘は紫外線をカットしていると思われがちですが
実際は紫外線を含む太陽光をカットしています。
太陽光の中でも地上まで届くのは可視光線と紫外線そして赤外線です。

その中でも熱効果が高いのが赤外線です
ということは日傘を使って赤外線を効果的に防ぐことが出来れば
日傘の下で涼しく過ごすことも可能となります。

1

白は光を反射するから白く見えます、黒は光を吸収するから黒く見えます。
白=反射、黒=吸収という性質は紫外線にも当てはまります。

つまり白の日傘は光を反射することにより紫外線をカットし
黒い日傘は光を吸収することで紫外線をカットしています。

その性質を理解した上で簡単に白と黒の日傘を比較してみます

    白の日傘

・色の性質:光を反射して紫外線カット
・遮光率:普通
・照り返し:防ぐことは出来ない
・暑さ:見た目が涼しい

    黒の日傘

・色の性質:光を吸収して紫外線カット
・遮光率:白より良い
・照り返し:日傘の内側で紫外線を吸収することでカット
・暑さ:赤外線吸収により熱くなるし、見た目が暑苦しい

ということは黒の方が日傘に向いていますが、黒い日傘は暑苦しいのも事実。

最近は白でも紫外線カット率の高い素材で作られたものもあります
日焼け防止と暑さ対策両方を考えた場合、多少高価であっても素材の良いものを使うのがベスト。

https://youtu.be/mF3_ArRLWP0

    UV加工日傘

白と黒の日傘を比較してきましたが、UV加工がなされている場合はどうでしょうか。
UV加工がされている場合はその効果は白でも黒でも大差ありません。

それよりは重要なのは傘の内側の色です。アスファルトによる照り返しにより
紫外線は下から上に反射して当たります。その為日傘の内側は白よりも黒が良いのです。

近年、折りたたみで雨傘と兼用のものも出ています。
UV加工さへしていれば、自分の好みの色を選んでも充分日傘の効果は期待できます。

    UV加工は万全?

但し、UVカットのしくみは、日傘になる前の生地を染色する段階でUVカットの薬品を混ぜています。
晴雨兼用傘ならしょっちゅう雨に打たれますので、コーティングが剥げ落ち3年位でその効果が薄れます。

日傘の生地は厚い方が紫外線のカット率は高くなります。
選ぶにあたっては出来るだけ厚い生地にUVカット加工がされたものから
自分の好みにあった色柄を選ぶと良いでしょう。

当たり前ですが、いくら好みのデザインといっても穴の開いたレースデザインのものは
紫外線防止には適していないことを付け加えておきます。