冬至にカボチャを食べる奥深い理由に、
カボチャレシピの一つのカボチャの煮物の作り方

冬至ってなに

冬至というのは、二十四節季の中の一つであり第22番目に辺り、1年の中でも日照時間が短いです。

特徴は北半球だと太陽の南中の高度が一番低い状態であり、1年の間でも昼が一番短くて、夜が一番長く日になります。

現在広まっている定気方によれば、太陽黄経が270度の時で12月22日頃とされています。天文学では太陽黄経が、当時の瞬間の日を含めて、当時日と呼ばれており、西洋占星術では、冬至の事を山羊座の始まりとしています。

なんか山羊座の始まりといわれると、ピンと来て分かりやすいかもしれないですね。冬至の事を学校の理科の授業で習ったので、冬至という言葉を聞いて、懐かしく感じました。(Wikipediaさんから一部引用)

冬至にかぼちゃを食べる理由

冬至にかぼちゃを食べる理由として、カボチャには身体を温める栄養素が含まれているから、という単純な理由で食べられてるのかと思ったのですが、それはどうも違うようです。
その本当の理由を挙げると、南瓜であり“ん”が2つついて、運盛りからという理由と、カボチャは夏に収穫する事が出来る野菜であるという理由からです。

陰陽思想によれば、冬は陰、夏は陽とされています。陰の極まる時に陽の季節を食べておく事で、陽の気を補うという事にもあたります。

因みにこれと逆のケースとなるのが、陽の季節の夏の土用、つまり土用の丑の日のとなります。(ヤフー知恵袋さんの冬至の豆知識を一部引用)

1

かぼちゃをつかったレシピ

カボチャをつかったレシピといえば、私はよくカボチャの煮物をよく作ります。
1. カボチャをお皿に入れて、サランラップをして電子レンジにチンして、切りやすくする為に少し柔らかくしておきます。最初から切ってあるカボチャを使うのが一番いいかもしれませんね。
2. 柔らかくしておいたカボチャを一口大に切り、お鍋に入れます。
3. 2にひたひたの水、醤油、みりん、砂糖、だしの素を入れて、落し蓋を入れて火にかけます。私のは中火から強火くらいにしています。
4. 3に約12分くらい煮込み、カボチャが柔らかくなれば出来上がりです。
カボチャの煮物をよく食べるのですが、たまにはカボチャのフライにカボチャコロッケ、カボチャケーキでも食べたいです。
以前カボチャを潰したカボチャスープを作った事があったのですが、「マズイ!」って言われて家族の間では不評でした。